善通寺で僧侶が修行僧にPTSD解離暴行

真言宗善通寺派の
総本山
善通寺
(香川県善通寺市)で
今月中旬
奈良県から
修行に来ていた
20代の男性僧侶が
監督・指導する立場の
30代の男性僧侶から
殴るなどの暴行を受け
けがをしていました。
被害男性は
香川県警に
被害届を出しています。
暴行した僧侶は謹慎中
処分待ちだそうです。
部活で
暴力指導があれば
寺での修行中も
あるでしょうね。
職業や年齢
IQは
関係ないですからね。
 ―子どもはうつ病になれないけど
 PTSDは何歳でもなる時はなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です