『時計屋の娘』PTSD予防物語を素直になった沢尻エリカ演じる

東日本大震災のあとの
物語です。
 ―たくさんの
 物語が
 生まれていると思います。
沢尻さんは
借金に追われ
 ―被災がなければ
 起らなかったかも
母親の形見の
 
 ― 喪中=PTSD予防中
修理を考えます。
時計は
1つの象徴でしょう。
考えると
象徴が現実で動き出し
一緒に生きることになります。
 ―自己治癒力作動
偶然にも
 ―ユングの共時性
父親かもしれない
時計職人に依頼
 ―人の感性は
 実は凄いのかも
職人も
限界を超えた
難しい修理に奮闘
 ― 百尺竿頭一歩進めよ
時計が動いたとき
沢尻さんが涙を流し
視線が重なり
互いの
こころに空いた
穴の深さを思いやります。
これが
ラポールですね。
心理療法的に
よくできたドラマです。
現実には
$翠雨PTSD予防&治療研究所
こんなのばかりですが
被災地に必要なのは
PTSD予防と治療
こういうドラマを
生きる姿勢です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です