PTSD解離強姦未遂もアクチベーションシンドローム主張で無罪

入院中の
病院内で
重い認知症の女性(87)を
強姦しようとした
神戸の
無職男(72)に
無罪判決が出ました。
裁判官は
「睡眠薬の副作用で
刑事責任を問えない
心神喪失状態だった可能性がある」
 ―本人には
 その間の記憶がなく
 精神鑑定医が
 副作用による「奇異反応」の
 可能性示唆
睡眠薬
コワいです。
外来で処方したら
いけないと
これまで書いてきましたが
入院中の事故が起こりました。
発見した
病院のスタッフも
驚愕したでしょうね。
患者さんのイメージから
大きくかけ離れてますよね。
PTSDは否認したら
奇天烈なことになります。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です