臨床心理士は医療の勉強よりPTSDを学べ

国家資格化しか
頭にない
困った集団ですが
 ―資格化されるためなら
 発達障害ブームに乗り
 認知行動療法の研修受ける。
病院で働く場合もあるから
 ―医療心理師という
 資格になるかも
医療のことをもっと
勉強すべきではないかという
議論も出てきているみたいです。
http://t.co/oI1ptvq3lH
PTSD否認してるから
感情的になって
炎上しがちなんだそうですが
医療チームは
がっちり
PTSD否認で
成立してるから
後から来て
病院最低の賃金である
専門家が
 ―資本主義ですから
何か言って通るのは
至難の業でしょう。
薬害問題もあるから
多少は勉強しようかなと
思ったけど
実際に会ってみたら
そんなの不要でした。
 ―逆に心理療法なしに
 断薬すると
 地獄を見たり
 性格が歪んだり
 新しい依存症になったりする。
心理療法を
きちんとすれば
PTSD治療も
薬害離脱も
できるんです。
昔からの
ノウハウがあります。
現時点で
こういう論争があるということ自体が
臨床心理士集団に
専門性がない
確たる証拠です。
恥ずべきことです。
「臨床心理士じゃないとぉ」なんていう
患者さんも
残念ながら
終わってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です