心理臨床学会は来年もPTSD否認発達障害研究中心で行くらしい

来年度の
大会の案内が
ネット公開され始めています。
プライバシーにかかわるものを
扱う学会なので
会員しか
閲覧できないところにありますが
 ―よし悪しですね。
 バカさ加減が明らかになり
 苦境に立たされたら
 逃げ道になるでしょう。
http://www.ajcp.info/member/AJCP2014/pdf/The32thAJCP2014-Spring-guide.pdf
学会主催のシンポジウムでは
 ― メインのシンポジウム
「専門的支援のニーズが高まっている
発達障害」を
やるそうです。
懲りないですね。
ニーズ
まだ高まってますか?
私の周囲では
「誤診」
「薬害」
「精神科おかしい」しか
 ―臨床心理学も黙認し
 片棒担いでいる。
聴こえてこないのですが。
アスペルガー毒親の
ブログも
元気ないでしょ?
 ―比較的まともな人たちは閉鎖
学会は
思った以上に
狂ってしまった
気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です