ユーミンの♪飛行機雲のあの子は『かぐや姫の物語』PTSD個性化の過程を昇った

$翠雨PTSD予防&治療研究所
『風立ちぬ』の
主題歌は
ユーミンのデビュー曲だそうです。
♪空に憧れて空をかけていく
あの子の命は飛行機雲
この部分は
ゼロ戦に乗った志願兵や
病死した少女の心境に
 ―菜穂子さん
思いを馳せさせますが
♪空に届く白い坂道とか
ゆらゆらカゲロウに包まれるとか
 ―月の使者が来た時の
 夢幻の感じ
 正しい解離心理
誰も気づかず
ただ一人あの子は
昇っていくとか
考えてみれば
これはかぐや姫そのものでしたね。
 ―あの子はかぐや姫
♪何を見ていたのか
今はわからない
かぐや姫の心理を
ジブリは
解釈したようです。
 ―臨床心理学者が
 「わがまま」とか
 いい加減な解釈しかしないからね。
翠雨PTSD予防&治療研究所
 子どもたちは
 発達障害児扱いされて
 生きにくいのです。
初期の作品は
みずみずしい感性が
本質をつかんでいたりするようです。
 ―心理療法の第一回目には
 その人の問題と予後が表現されると
 言われています。

2 thoughts on “ユーミンの♪飛行機雲のあの子は『かぐや姫の物語』PTSD個性化の過程を昇った

  1. まきりんこ

    SECRET: 0
    PASS:
    かぐや姫の物語を観てきて思ったことは、あの世とこの世のことなのかなということでした。
    月へ還る(迎えの雲に乗り羽衣をまとった瞬間すべてを忘れる)ことは、この世における死を意味することでした。
    かぐや姫の置かれていた環境では、あらゆるしがらみから、死ぬ道しか自己実現の道はなかったのか、と想像していました。
    それが、かぐや姫にとっては自分の人生を生きることだったのでしょうか…。
    生きることの意味を考えさせてくれる物語でした。

    返信
  2. 翠雨PTSD心理学研究所

    SECRET: 0
    PASS:
    >まきりんこさん
    私も早く観ないといけないなぁと焦ってます。
    この世とあの世については俊雄君ちゃんたちも「異界」「イニシエーション」とか言って頑張って扱ってるんですが、所詮お子ちゃま学問なので、ジブリが頑張って伝えてくれてるんでしょうね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です