コンゴの日本大使館を書記官がPTSD解離放火

6月
日本大使館が
半焼した火災は
経理担当の
3等書記官として
現地に赴任していた
20代の
外務省職員の男による放火と
断定されました。
どんな職業でも
解離犯罪しますが
エリートは
 ―世間的な意味であって
 真の意味のエリートじゃないけど
海外にまで
飛びますから
捜査にしても
国際問題にしても
厄介ですね。
書記官には
借金があったようです。
借金に至るまでに
PTSD発症していると
思いますが
 ―ギャンブルとか浪費とか
借金がまた
ストレスになりますから
 ―暑いし!
 
  治安悪いから
  そうそう外出できないし!
キレたのでしょう。
 ―解離

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です