コンゴ大使館放火書記官は着服隠ぺいでPTSD解離

30歳書記官が
大使館にガソリンを撒き
放火したのは
着服を隠すためでした。
査証の手数料など
経理に関わる部分が燃えていたので
意図が丸わかりでした。
アフリカまで行って
解離行動するのは
迷惑な話ですね。
大使館には
医務官もいると思いますが
眠剤でも
処方してたのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です