『罪と罰』PTSD解離性傲慢


TVで放送中みたいですね。
 ―『100分de名著』
1860年代
ロシアでは
貧富の格差が拡大
 ―PTSDは
 境界性人格障害と呼ばれた時代には
 時代を病む病と言われた。
ラスコ―リニコフは
大学の学費滞納で除籍され
失意の中
キレて
 ―解離
下宿の近所の
強欲な高利貸しのおばあさんを
殺す妄想に
憑りつかれます。
「社会に悪を為す人間は
殺されて当然だ」
歪んだ正義感で実行
偶然居合わせた
おばあさんの義理の妹も
殺害してしまいます。
よくある勘違い
 ―認知の歪み
ですが
ここまでくると
犯罪者です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です