マンデラ元大統領追悼式の手話もPTSD否認アクチベーションシンドロームでデタラメに

10日に営まれた
南アフリカの
マンデラ元大統領の
追悼式で
手話通訳を務めた男性(34)が
でたらめな手話を行ったと
聴覚障害者団体などが
批判しています。
幻聴から幻覚が起こり
「何もできなかった。
非常に危険な状況で
孤立していた。
自分をコントロールし
(自分の中で)起きていることを
世界に分からないようにしようと努力した。
とても申し訳ない」と謝罪
 ―コントロールしようという姿勢は
 大事ですね。
 日本以外では
 ビジョンに向き合おうとする姿勢が
 わりと普通にあります。
症状が出たきっかけは
分からないけれど
統合失調症の薬を服用していると
語っているそうです。
南アフリカも
爆発テロが多く
都市は
強盗などで外出不可能なくらい
危険です。
PTSD発症リスクも高く
統合失調症級の人も
多いのでしょう。
普通はシャーマンのところに
行きますが
 ―伝統医
文明生活をする人は
病院に行って
こうなるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です