介護サービスでもPTSD解離搾取で老人いじめ

高齢者向け住宅が
増えてますが
堺市は
介護サービスの実態を
調査
 ―居室立ち入りは
 介護保険法では認められないから
 生活保護法適用
介護報酬の不正請求を
防止する試みを
始めました。
厚労省も
調査費を全額補助
 ―6600万円
支援する方向です。
掃除が不徹底だったり
シーツが汚れていたり
 ―直後に利用者が汚したと
 言い訳
コールボタンが
届かないところにあったり
寝たきりなのに
お茶代とか
身寄りがなく
訪問する人もいないのに
フロントサービス料が
聴収されていたり
すでにいろいろ問題が
見つかっているようです。
「何も楽しいことがない」と
暗い顔をされていたりすることでも
わかるようです。
医療がこれなら

介護も
似たようなものでしょう。
性善説前提では
ダメな世の中です。
いじめは
PTSD発症リスクになります。
認知症みたいな人が
増える施設は
老人いじめがないか
調査しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です