先生たちのうつ病もPTSDでEMDR?

文部科学省は
教職員人事行政状況調査で
うつ病など精神疾患で
休職中の教員は
4960人で
5年ぶりに5000人を割ったが
依然高水準が続いており
 ―自殺数も3万人割ったけど
 高止まりですね。
復職支援を強化すると
発表しました。
クローズアップ現代によれば
治らないうつは
トラウマが原因だから
EMDRしたら
よいらしいですね。
EMDR学会は
広めたいようだけど
 ―公式ホームページ
人数が少なくて
泥縄状態みたいです。
一方
理事が非常勤勤務する
姫路の
心療内科は
問い合わせの殺到に困惑したのか
NHKの内容を鵜呑みにしてもらっては困ると
コメントしています。
なんでもかんでもPTSDじゃないし
EMDRが合う人と合わない人がいるが
それはクリニックが
診断して決めることなんだそうです。
どこまでも
根拠のない
薬漬け心療内科中心を
死守したいみたいです。
引き受けてくれた場合も
一回90分で1万5千円かかるみたいです。
会員の
姜クリ先生は
30分で2万円
 ―ブログに放送内容UPしてくれてる。
この先生も
姫路のクリニック同様
及び腰みたいですね。
やはり薬の方が
経営に効くということ
でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です