「油断最適」PTSD用語はダジャレで語られる

朝日新聞の天声人語が
ダジャレになってます。
大分ストレスがたまって
躁的防衛体制に
入ったのでしょう。
「自暴秘鬼」
 ―トラウマの暴走
「知事滅裂」
 ―猪瀬知事でもあり
 わかっていても自滅する
 PTSD
「危雨増大」
 ―放射能ですね。
こういうかたちなら
PTSDを語れるんですね。
「春樹多売」とか
「倍倍繁盛」もよくできてますが
解離事件オンパレードの比喩としては
「油断最適」
コレが一番じゃないかな。
 ―トラウマのエサは油断
「解離して何が悪い」
 ―昔は「リスカして何が悪い。
  必要なんだよ!」って
 吠える人がわりといました。
 今の流行は
 密かに切ります。
 流行遅れは恥ずかしいことです。
「無意識だからしかたないじゃん」
そういう開き直りや
嘘つきは
社会的害悪であり
話にならないから
まず退場ですね。
自助努力が第一です。

2 thoughts on “「油断最適」PTSD用語はダジャレで語られる

  1. 翠雨PTSD心理学研究所

    SECRET: 0
    PASS:
    >大高忠敬@元私の碇で沈みなさいっ!さん
    そんなことはないです。
    まずは自助努力しないと、他力はやってこないのです。これ鉄則です。
    開き直らないことは、人間の義務です。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です