食品偽装の社員がPTSD解離自殺

京都吉兆に
結着剤入り
ブロック肉を卸していた
食肉加工の責任者(39)が
山中で首つり自殺しました。


偽装だらけでも
のうのうとしているのが
普通になった昨今
レトロな響きがありますね。
ちょっと前までは
良心があったのです。
 ―身代わり説ももうないですね。
 組織ぐるみですから
罪悪感の苦悩など
誰に言っても通じない話になったから
亡くなってしまったのでしょう。
こういう人にこそ
生きていてほしいのに。
PTSD予防
(こころのケア)は
いろんな意味で
空しい言葉になりましたね。

2 thoughts on “食品偽装の社員がPTSD解離自殺

  1. 翠雨PTSD心理学研究所

    SECRET: 0
    PASS:
    >大高忠敬@元私の碇で沈みなさいっ!さん
    首くくっちゃいけないんですが…(ノ゚ο゚)ノ
    安く楽にしてほしいという気持ち汲んで、PTSDを薬漬けにしたらいけないのと同じで、そこはどういう事情があったとしても反省すべきところなんですよ。死ぬか開き直るか以外の選択肢を考えるべき時なんでしょう。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です