介護施設職員による高齢者PTSD解離虐待増加

自治体が
虐待と判断したケースが
平成24年度は
前年度比2・6%増の
155件
これまた
過去最多で
記録更新中です。
学校でいじめがないとか言ってたら
 ―陰湿でわかりにくいとのウソとか
先生たちが
組織ぐるみで
必死で隠ぺいしてるだけだと
わかると
 ―スクールカウンセラーも
 保身でだんまり
部活でも
いじめ自殺が多発
 ―たましいの自殺は 
  数えきれないでしょう。
  講義中
  その話題に反応する生徒多し
それでも父兄も寄ってたかって
隠ぺいしたり
 ―熱心な指導をやめないでほしいとか。
介護職も
発覚しなかっただけで
こんなものでしょう。
介護職員の約8割が
女性だそうですが
「30歳未満の男性職員」による虐待が
多発しているようです。
コミュニケーションが取れないと
キレてしまいやすいようです。
専門教育の前に
PTSD予防教育を
受けておくことが
ワクチンになりますよ。

2 thoughts on “介護施設職員による高齢者PTSD解離虐待増加

  1. あ*

    SECRET: 0
    PASS:
    http://ameblo.jp/phantom-nightmare/entry-11519599800.html
    > 広島市戸坂で起きた女性介護福祉士に
    > よる患者焼殺事件。一緒に暮らしてい
    > た恋人も優しい性格だったという。
    > 精神鑑定は異常なしとされたが、徐々
    > に事件の記憶を失いつつあるという報
    > 道。
    > 事件前の優しい「主人格」→犯行時の
    > 「交代人格」→犯行後に「主人格」に
    > もどるにつれ「交代人格」時の記憶喪
    > 失というだけの話である。「人格の解
    > 離」の理由は「トラウマPTSD」であ
    > る。
    こうしたケースを観ると、医療や福祉に従事する人や心理職は、ある程度、自己分析ができていないとダメですね。さもないと、[心理操作]を武器に世渡りしてしまう[香山リカ]氏のような人も出現します。

    返信
  2. 翠雨PTSD心理学研究所

    SECRET: 0
    PASS:
    >あ*さん
    殺害してしまう場合もあるのだから、医療人はPTSDを学び、自己分析しないと危険ですね。香山リカタイプの迷惑な専門家もまた増殖中だと思います。それは手ごわいです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です