『かぐや姫の物語』PTSD治療は謎解き

♪まわれ まわれ まわれよ 水車まわれ
まわって お日さん 連れてこい
鳥 虫 けもの 草 木 花
春 夏 秋 冬 呼んでこい
めぐれ めぐれ めぐれよ 遥かなときよ
めぐって 心を 連れてゆけ
鳥 虫 けもの 草 木 花
人の情けを はぐくみて
まつとしきかば 今かへりこむ

歌が
1つの重要なモチーフになっています。
子どもたちは元気よく
かぐや姫は物憂げに
かぐや姫の記憶の人は
涙を流しながら
歌います。
 ―こころの琴線に触れるうた
 
 なぜか知っていて
 なぜかこころを動かされるのは
 象徴
この不思議を解く
ミステリーみたいな
布置がありますが
心理療法でも
『?』という
言葉にならない
感覚をだんだん明らかにしてゆきます。
それが象徴なのでしょう。
最後のフレーズの
「待つとし聞かば」は
「松」にかかりますが
松は太極の象徴です。
 ― 一太極二陰陽
  能舞台の背景にも
心理療法では
「待つ」ことも大事です。
 ―自力を尽くしたら
 他力を待ちます。
「たち別れ
 いなばの山の
 峰に生ふる
 まつとし聞かば
 今帰り来む」の一部でもあり
 ―別れたものがまた出会う
  めぐり
陰陽五行説的布置が
このたびも
濃厚です。
因幡と言えば
白兎は
 ―古事記
神々による人殺し医療と
癒しの治療を受けたのでしたね。
 ―PTSD治療のことが
 書いてある部分
翁と媼も
陰陽的に描かれ
 ―登場シーンは
 まるでイザナギとイザナミ
古事記的
PTSD教育的なスタイルに
仕上がっていますよ。

14 thoughts on “『かぐや姫の物語』PTSD治療は謎解き

      1. franoma

        日本語で言う「謎」=ナゾは、
        “Nazo” であり、“Nazi” や “Nazci” ではないし、 “Nazca”( http://urx.mobi/A6q8 )でもありません。

        日本語話者なら知っていることですね。
        それが分からないのはPTSDによる認知機能の歪み=精神機能の障害=精神障害があるでしょう。

        返信
        1. wpmaster

          最近は、一部の貴公子たちのように、はじめから謎解きを放棄して、虚言で誤魔化そうとするエセ「エリート」さんばかりで困ります。
          「なぞなぞ」遊びからやり直しです。

          返信
          1. franoma

            「虚言で誤魔化そうとする似非エリートさん」とは、どんなに有名な大学に高い偏差値で入学して、良い成績で卒業して、論文を量産していても、バカです。『バカの壁』(© 養老孟司 http://urx.mobi/A6H1 )に突き当たって終わるタイプです。

            検索に、とある薬学の先生の名前を入れると、システムが、そうじゃなくて…
            久野貴詩でしょうと勝手に直してくるので、余計なお世話です。知るか、そんな人!って思いますよね。畑違いで存じませんから。
             確かに、薬学の先生は、PTSD現象のなかでは、鎮静に向かう動きをしている科学者&大学教員に過ぎず、パパラッチをする対象としても価値がないのでしょうが、
            プロフィール写真だって可愛いインコちゃんだし
            http://ameblo.jp/kunotakayoshi/
            トランス脂肪酸の記事
            http://ameblo.jp/kunotakayoshi/entry-12223919564.html
            も妥当な内容ですし、大学人に向いている常識人の筈です。

            それとは対照的に、人道上の罪に無頓着な大学人( http://urx.mobi/A6FP )や
            大学のサーバーを流用して集団ストーカーを組織してしまう大学人は
            批判せねばなりません。

            システムが久野貴詩でしょうと勝手に直してくるイラストレーターさんですが、この方は、近々ブレークするかも知れません。鉛筆とお子さまの背比べのイラストや、有名人の似顔絵にセンスあります。鉛筆と背比べのお子さまは普通の体型ですが、大人らしい転んだ人のイラストでは、異常に撫で肩で、手が短いのが「手が出ない」=生きる力を喪失しつつある未治療PTSDを暗示しているように思われます(=推測されます)。

            ところで、先日、ツイッターで「思われます」と書いたら、「の」という御仁に何か言われたので、「思われます」=「推測されます」ということであり、科学的な実証プロセスは、推測と実測が車の両輪のように機能して初めて可能になるという(理系人には)常識的なことを書いておきました。
             なお、実測の場合には、現象にマッチした計量空間を設定して、測定することになりますが、数値化されない観測も無意味でないことは、言うまでもありません。定量的な議論=統計に乗せる議論はできませんが、定性的な議論はできますので。これもまた、理系人には常識です。
             こういうことがすんなり理解できない理系人は、大卒でもバカです。どんなに有名な大学に高い偏差値で入学して、良い成績で卒業して、論文を量産していても、バカです。『バカの壁』(© 養老孟司 http://urx.mobi/A6H1 )に突き当たって終わるタイプですよ。何だか短縮形の最後が、「あ〜禄H1」ロケット( http://urx.mobi/A6Hn )になっていて、覚えやすいと思いました。覚えたって無意味ですが。

          2. wpmaster

            ストーカーに丸め込まれるような大学人も、広義の集団ストーカーみたいなものですから、きっちり責任をとっていただきます。
            今年は、大学や学会等、組織に失望しました。
            『バカの壁』に負けないようにしたいと思います。

  1. franoma

    補足です。愉しい偶然で、一つ前のコメントが、No. 10157 でした。
    いちオー157 に注意せよ…ですね。日本の政情野菜じゃなかった正常野菜じゃなかった清浄野菜は、O157に汚染されている確率は極めて低いのですが、「いちオー」=一応、汚染の危険性がゼロではないこと、さらに、「清浄野菜」にするための化学物質による汚染も結構あることを考慮して、
    ホタテ洗い放題( http://urx.mobi/A6I8 )で洗うのが良いのではないかと思いました。
     実は、実際に買ってみると、内海聡氏の顔がイラストで、ど〜んと印刷されており、は〜何だ〜牛久から引っ越したのに、未だに牛久大仏みたいな顔して〜と思うのですが、最近では、拙ブログに「内海聡 母原病」という検索が入りまして、こういうことになるのは、PTSD現象だと思うのでした。
     誰が売るか、誰を顔にするかは、マーケティングの肝ですが、売れるんじゃないかな?…と思います。売れないものを頑張って売るのは、
    バカと言うよりPTSD発症リスクですよね。

    返信
    1. wpmaster

      偶然が続きますね。

      「いちおー」とは面白いですね。
      ああいう騒動の虚実がにじみ出ているようです。
      あの延長で、何かあると「スクールカウンセラーを派遣しました」とニュースになっていたことを思い出します。

      ご購入?!

      返信
      1. franoma

        はい、ものは試しなので、買ってみました。結構、いいですよ。私もどこかに書きました。あれ?どこだったか忘れましたが、ツイッターだったかな? 帆立貝の身の方は内臓を食べるとリスクがありますが。リスクについては
        http://ameblo.jp/aya-quae/entry-12141648807.html
        に書きました。

        返信
        1. wpmaster

          ちょっと、読んでみます。

          甘いもの同様、石鹸って案外、問題なんですよね。
          なので、代替品として何を使うかには興味があるのです。

          返信
          1. franoma

            実は、え!?そんなと思われるでしょうが、寄生虫病だのが怖くて、野菜を洗剤=石鹸で洗っていたハンガリー女性がおわしまして、お子さまが健康被害を受けてしまわれました。そういうのを見て、私の元配偶者も驚愕しました。複合汚染&PTSD現象の実相です。
             現代日本では、ホタテWとか、ほたて洗い放題とか、「これいいかも〜」( https://utsumin.com/products/detail.php?product_id=82 )とかがお奨めです。
             ちなみに、内海聡医師は、母原病を疑われているようです(?)。どうでも、いいじゃんね、そんなの。サバイバルできれば!と思いますねえ。
             PTSD現象学を進めることがポイントです。

          2. wpmaster

            確かに、意外です(笑)
            でも考えたら、怖いんですよね。その感覚は正しいのかもしれません。

            サバイバーはパワーアップするので、それもいいんですよね。

            勉強になります。

  2. franoma

    怖いんですか? 何が? スサノヲ型の御仁がですか? よく観察すれば、底の浅い綺麗な池にスイスイ泳いでいる錦鯉ですが?

    御用があるときは、出てこい、出てこい、池の鯉
    https://youtu.be/i21Wl2qk6R8
    これを歌えばいいんです。自分がメダカになったら、食われちゃいますがね。www
    https://youtu.be/BRE767Vz7Wc

    https://twitter.com/franoma/status/805361041433509888
    これもツイートしました。
    kyupin( http://u0u1.net/A7B6 )先生、自問してくださいね、“Where is my mind?”
    これを流すと我が家の猫様のうち出雲が喜びますから。

    返信
    1. wpmaster

      そうじゃなくて、寄生虫病は怖いんです。
      旅行中はいつも注意しています。
      寄生虫病を恐れるfranomaさまは怖くないです。

      言葉足らずで、すみません。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です