『かぐや姫の物語』PTSDの自己治癒力と「山川草木悉有仏性」

涅槃教の一節に
「(一切衆生)
悉有仏性」と言う
表現がありますが
曹洞宗の開祖
道元禅師(1200-1253)は
「山川草木悉有仏性」と
読み直されました。
山川草木には
 ―自然界には
悉く
仏性があるということです。
誰にでも仏性があると言うと
普通の人は
自我肥大を起こし
おかしくなってしまいがちなので
 ―仏になったと勘違いする。
私は
道元の言葉の方を
好みます。


翁が
竹に仏性を観たという
 ―投影を通して
 悟る道が開ける。
解釈もあるかとは思います。
 ―あとは翁の夢とか

そして
自然と戯れることが
大事ですね。

箱庭の意味も
そこにあります。
 ―小宇宙 即 大宇宙
自然治癒力が
蘇れば
 ―作動するようにするのが
 心理療法
PTSDなんて
イチコロです。
 ―向精神薬を使うと
 イチコロにされます。
 殺虫剤みたいなものですね。
人間のこころはそのように
できているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です