治らないうつ病に「麻酔薬ケタミン」サルで効いたからPTSDにも

従来より
早く
長く効くので
次世代抗うつ剤として
期待されているそうですが
麻酔薬ですから
麻薬指定を受けるほどの
依存性があり
劇薬です。
そのままでは
抗うつ剤として
使用するのが難しいのですが
そこをなんとか
新薬に期待するしかないほど
うつ病治療は
 ―PTSD誤診
追い詰められているようです。
アカゲザルの実験では
脳の2か所が活性化したそうですが
 ―意欲が出る。
会社や学校で
適応できるかどうかは
人間で実験するしかないわけで
アクチベーションシンドロームが
 ―活性化すればよいというものではない。
起ったらどうするんでしょうね。
解離犯罪が起こっても
野放しにされてるから大丈夫!という
社会的実験データがあるか…叫び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です