14歳勇敢な少年がPTSD解離爆弾テロの犠牲で死亡

パキスタン北部で
少年が
学校に侵入しようとした
自爆テロ犯を
校門前で食い止め
爆発に巻き込まれて
死亡しました。
朝礼のため集まっていた
数百人の生徒たちは
この少年のおかげで
無事でした。
登校途中
学校の制服を着た男が
学校の場所を尋ねるので
不審に思い
ほかの生徒たちがひるむ中
男を阻止しようと石などを投げ
つかみかかった時
男がとっさに
爆弾を爆発させたようです。
2人とも現場で死亡
ほかに2人が負傷しました。
爆弾テロも増えていますが
そのたび
子どもたちが巻き込まれ
負の連鎖しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です