ウイグル族学者連行と『明日、ママがいない』中止要求PTSD解離性同時多発言論弾圧

中国では
最近
ウイグル族がイジメられてますが
 ―前の標的はチベット族
ウイグル族の政治的不遇を訴えていた
大学の経済学者が
母親や7人の学生とともに
公安当局に
連行されました。
日本もこうなるかもしれないと思うと
慈恵病院の傲慢さが
恐ろしく響きます。
あちこちで
同じような気風が生まれているのかも
しれないですね。
言論の自由は
大事です。
 ―その代わり
 解離発言の代償は払わねばなりません。
 当然ですが念のため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です