金沢大学では火曜日に「がんPTSD予防」外来

麻酔科医(46)が
「がん哲学外来」をやってるそうです。
麻酔科医ですから
緩和ケアチームの一員として
身体の痛みを
薬でやわらげてきましたが
「スピリチュアルペイン」が
 ―自己の存在と意味が
 消滅してゆくことに
 恐怖や孤独を感じる痛み
癒せていないと感じたからです。
こころの専門家が
怠けてるからですね。
 ―発達障害薬漬けにお忙しいそうで。
医学部の方でも
漫画や映画を使って
学生さんに発表させる
「がん哲学教室」があるそうです。

自宅警備員は思春期心性たっぷりで…
詳しくは
haiao6128.blog.fc2.com/blog-entry-125.html
 ― 程度低ぅ~
  一度読んでやって下さい。
こんなんじゃなくてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です