『明日ママ』赤ちゃんポスト自体が新生児虐待PTSDのゆりかご

慈恵病院が
最初に何をトチ狂ったか
不自然な気がして
背景をいろいろ
考えてみましたが
 ―ダシに使われたのではとか。
慈恵病院は
「こうのとりのゆりかご」という
名称を使用しているようです。
賛否両論の意見があるなかで
生まれたものですが
 ―安易に使用されると懸念されましたが
 そのようなケースもあるようです。
昔から
宗教施設の中に出来たり
経済的理由から廃止されたりしてきたようで
善意のボランティア精神から
 ―これは宗教心でしょう。
維持されてきたもののようです。
臨床心理学の
語源も
そのあたりにあるので
 ―死の床に臨むが「臨床」
 牧師とかが死にゆく人々の
 不安な魂を慰めていたのが始まり


こういうのでいいのかとか
再考するスイッチが入ってしまったんじゃないかと
思います。
臨床心理学の源流も
宗教哲学や
シャーマニズムです。
いまはそのかけらもないですね。
だからおかしくなったのです。
それに
慈恵病院を調べると
なかなか豪華な病院で
「無痛分娩」とか
やってますね。
不安や痛みを軽減し
お産を楽にするから
すぐに赤ちゃんを抱くことができますとか
書いてますが
赤ちゃんの気持ちや
将来の健康を
考えたことあるのかな?
覚せい剤使って
出産したら
逮捕されるけど
 ―時々いますね。
これはいいんですかね。
何処まで行っても
PTSD否認薬害問題
ついてきますね。
慈恵病院も
無意識に抑圧している
 ―経営のため考えないようにしている。
コンプレックスを
刺激されたのではないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です