オウム裁判「全身麻酔剤によるポア」PTSD否認精神科と一緒

元幹部
平田信被告(48)の
裁判員裁判の公判あり
同じく元幹部の
井上嘉浩死刑囚(44)が証人出廷
仮谷清志さん監禁致死事件
(1995年2~3月)について
「全身麻酔薬による副作用で死亡した」という
確定判決について
殺人の共謀に問われると思い
「保身のため証言を控えていた」から
そうなったわけで
実は
中川智正死刑囚(51)から
「ポア(殺害)できる薬物を
注射したら死亡した」と
聞いたこと
 ―本当は殺人罪だから
 もっと罪が重いはずだということ。
事件の背景については
「当時は武力革命を推進しており
資金集めが不可欠だった。
(信者だった仮谷さんの妹からの)
お布施が必要だった」ことを
証言しました。
向精神薬も一時的には
効いたりするそうで
不安な気持ちを
ポアしてくれるのでしょうが
 ―移動させる。
マイケルジャクソンの例でも
分かるように
大量になると
死亡してしまいます。
 ―あの世へポア(移動)
精神科の患者さんも
治療してもらっているのか
 ―ポア
殺害してもらっているのか
わからないところは
 ―半殺しになるんでしょ?
一緒ですが
クスリは
暴力団の資金源になるし
 ―麻薬及び向精神薬取締法
病院の経営とか
教団の経営には
よく効くんですよね。
そういうところに近づかず
 ―薬を使わずに
覚っていくのが
 ―PTSD克服
王道だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です