警官がPTSD解離拳銃自殺

和歌山市の
駐在所の寝室で
地域課の男性巡査部長(54)が
右のこめかみから
血を流して死亡しているのを
署員が
発見しました。
枕元に拳銃が落ちており
自殺のようです。
児童養護施設でも
リスカがあれば
発見した新米職員や
目撃した入所児童が
PTSD負の連鎖起こします。
 ―すでに発症している場合は悪化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です