PTSD克服法を示す『かぐや姫の物語』と『明日ママ』は似ている。


「ピアミ」に似てるなぁと思ったら
 ―かぐや姫はお琴が上手
「ポスト」が
お金持ちの坊ちゃんに手当され
「自分でできることをされたら
キモイ」
 ―坊ちゃん戸惑う。

怪我をした捨て丸が
こんなの唾つけときゃ治ると言っても
かぐや姫は
包帯で手当てをしてあげてたり
 ―骨折したら
 接着剤はいらないけど
 正しく手当しないと
 歪んでくっつくように
 
 こころにも手当が必要

眼鏡をかけた
『風立ちぬ』
妄想癖のあるボンビが

幻想と出会って
 ―作り物だけど
ママ(おばさんと気づきつつ)に
言いたかったことを言い
聞きたかったことを聞いたら
 ―おばさんも
 よく傾聴しながら
 応えてあげます。
 心理劇(サイコドラマ)の手法
 コガモの家の子たちは観客で
 「魔王」が監督
納得し
前向きになりましたし
 ―妄想癖治療完了

「オツボネ」も
媼のような
優しい女性に
気持ちを聞いてもらいます。
過去の探偵の旅に出た
 ―トラウマ治療に必要だが
 殆どの専門家は無視
 「過去を忘れて前向きに」と
 怒鳴るだけ
 
「ポスト」は
無駄骨と言われ
 ―原因はわかったが
 どうしようもないと失望
 しかし意外なことにも
 「魔王」が暗躍し
 問題解決へ
 自力を尽くせば
 他力が働く。
魚の骨を差出し
「無駄骨食べるぅ?」と
おどけます。
無駄骨は美しいし
いい仕事するんです。
『風立ちぬ』
 ―心無い人からみたら
 主人公の人生は無駄骨
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です