「家庭のことでむしゃくしゃして」PTSD解離放火の27歳無職男

2011年12月
埼玉・寄居町で
2人が死亡した
放火殺人事件で
27歳の男が逮捕されました。
「家庭のことでむしゃくしゃして火をつけた」が
「事件のことが気になって
常に頭から離れなかった。
知人が親身になって
話を聞いてくれたから自首した」そうです。
解離犯罪を犯す原因も
人間関係
出頭のきっかけも
人間関係で
人間関係は大事ですね。
こころの病は
人間関係の病ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です