欅坂46平手友梨奈さん右腕負傷全治1カ月もPTSD時代の象徴

欅坂46の

平手友梨奈(16)が

「右腕の痛みを訴え

上腕三頭筋損傷で全治1カ月のけがと診断」されたそうです。

 

昨年

大みそかのNHK紅白歌合戦で

『不協和音』を披露した際に

メンバーが次々と倒れるダンスパフォーマンスの場面で

打ちつけてしまい

 

総合司会内村光良(53)に

「大丈夫?」と声を掛けられ

「はい」とうなずいたものの

歌唱終了直後に

左手で右腕を支え

かばうようにして倒れ込んだことについて

 

「欅坂46紅白倒...」の画像検索結果

 

NHKは

直後に「過呼吸のような症状」と発表していました。

 

宗教画みたい」と言われているのが

的を得ているように思います。

 

事実はよくわかりませんが

「転倒」

ヒステリーの時代から

ベンゾの薬害まで

PTSD関連の人はよく倒れます。

「失立」ですね。

「失歩」「失声」等いろいろあります。

 

「過呼吸」

治らない喘息は

PTSDの「過呼吸」みたいですよ。

「マーニー」の画像検索結果

「否認」は

大丈夫じゃなかった。

最近

よく問題にされるテーマです。

 

 

 

アイドルは

時代を映す巫女みたいなものですね。

本人の意思ではないところで

無意識的表現をする。

 

「発達障害の心理...」の画像検索結果

 

象徴が使えない発達障害が増えているなんて

愚説を垂れ流すから

 

こういう

象徴的な事件が起こるわけです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です