『侠飯』でストックホルム症候群強化の行動療法

「おとこめし」の画像検索結果

 

ヤクザを

実際は違っていたが

本人はそう思い込んでいた。

下宿に匿うことになり

 

最初は恐ろしくて

不幸を嘆く大学生ですが

 

食事をつくってもらって

あまりに上手なのに感激しているうちに

条件づけ

親しみが生まれ

 

晴れて出ていってくれる時が来たのに

寂しさがおさえられなくなりました。

 

「リマ症候群」の画像検索結果

 

これって

ストックホルム症候群等と

呼ばれる現象ですね。

 

強行犯や

やくざでも平気になるのですから

 

DVとか児童虐待でも

こういうことは

簡単に起こってしまい

本人も気がつかないこともあって

実に厄介です。

 

『侠飯』でストックホルム症候群強化の行動療法」への2件のフィードバック

  1. あ*=franoma

    仰るとおりです。

    ところが、私どもは気づいていて、
    2001年911をトリガーにして大崩壊したオヤジを「看護できない患者はいない」(©︎ 中井久夫先生ですか)とキレずに踏み止まっていたのに、西洋白人&腰巾着たちが「アスペ」攻撃をしました。人道上の罪ですよね。

    次は、
    「アスペ???症候群」ラベリングを
    「アベのセイダ症候群」ラベリングに変更する動きがあるそうです。
    ”僕も入るぞ「メンバー・オブ・アベノセイダーズ」” | あ~どうしたものか
    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12356507576.html

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      国民の言うこと、全然聞きませんからね。
      責任のとりようもないことをしながら、責任をとるとか豪語して、酔っぱらいの「アベノクル(狂)セイダーズ」じゃないですか。
      公認心理師はその手下ですが(^.^)/~~~

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です