「悪質タックル言いがかり」コーチのパワハラで水球女子日本代表がPTSD発症し治療中

強化合宿中に行われた

日本代表チームと

日本体育大学女子チームとの練習試合の最中

コーチ(35)が

日体大監督と

日本代表チームのコーチを兼務

日本代表チームの主力選手に

秀明大学の所属

怒声を浴びせ

「お前、膝蹴り入れたろ!」

「お前、イラついてやったんだろ!」と

1分以上にわたって言いがかりをつけ

「水球パワハラ」の画像検索結果

翌朝も呼び出して叱責したので

水球男子日本代表監督は

フェイスブックで

女子代表の戦術などを厳しく言いがかり批判

選手たちが動揺し

炎天下でのやけどのような日焼けや

厳しい練習で身体的にも疲弊したうえで

精神的ダメージを与えられた。

合宿は打ち切られ

第三者委員会が調査中

 

秀明大女子水球部の監督は

「もはや指導の域を大きく逸脱した

パワハラと言わざるを得ません。

(選手は)合宿後PTSDと診断され

今も専門家のカウンセリングを受診しています」と訴えています。

 

6月に行われた関東学生リーグ決勝で

コーチが監督として率いる日体大が

秀明大に敗れた恨みからの

パワハラではないかと噂されていますが

 

解離行動なので

半ば無意識

日大悪質タックルの記憶が混じりこみ

 

「日大悪質タック...」の画像検索結果「日大会見」の画像検索結果

言いがかりをつけたのでしょう。

 

「水球アジア競技...」の画像検索結果

 

選手たちは一流なのに

コーチの人選が致命的で

競技会出場が危ぶまれているのは

「発達障害薬漬け」の画像検索結果「発達障害薬漬け」の画像検索結果

 

子どもたちを発達障害扱いする構図と同じでしょう。

日本の大学はヘンなのです。

日大劇場はまだまだ続く…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です