JR佐世保線の踏切で中2男子がPTSD解離自殺

 

19日

午後8時半ごろ

佐賀県武雄市の

JR佐世保線永尾-三間坂間の遮断機のある踏切で

市立中学2年生の男子生徒(14)が

特急にはねられ

死亡しました。

 

運転士は

「踏切内に進入してきた人とぶつかった」と話していて

 

生徒の母親によると

踏切近くの自宅の窓に

石が当たるような音がしたので踏切に行くと

生徒が倒れていたそうです。

 

自死遺族の会の研究によれば

他にはどこもやろうとしない貴重なデータ

「自死遺族の会」の画像検索結果

 

自宅マンションからの飛び降りによる

自殺者72名が

「全員」精神科の診療を受けていたそうです。

 

高層マンションがないところでは

このようなかたちをとるのではないでしょうか。

 

虐待PTSDの標準治療は

トラウマを薬で消すという

非科学的な

薄利多売

悪質エコノミーコース

「なかいきあかち...」の画像検索結果

こんな感じらしいので

 

臨床心理士から公認心理師になれば

「公認心理師」の画像検索結果

 

こんな現状に拍車がかかることは

火を見るより明らかなので

子どもたちは絶望しているのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です