『大恋愛〜僕を忘れる君と』MMSEでは計り知れないPTSD性解離健忘

認知症治療の最前線を取り扱ったドラマですが

現実の認知症治療は頓挫中ですから

脚本家さんも大変でしょう。

 

6話で使用された心理検査は長谷川式でしたが

「長谷川式」の画像検索結果「長谷川式」の画像検索結果

 

昔からあり

問診代わりにとりあえず行い

目安にする検査

7話で使われた心理検査は

「MMSE」の画像検索結果

MMSEでした。

どちらも簡易検査です。

公認心理師じゃなくても

誰でもできそう💦

ヒロインは

一週間元気だったのに

この検査ができなくてげんなりしているところへ

 

この検査の結果と

進化したPET検査の結果から

「アミロイドPET」の画像検索結果

生きた脳のアルツハイマーが確認できるようになった。

治験対象外と通告され

既にアルツハイマーであるとの診断

早期の段階で治験を拒んだことを

やんわり批判されます。

早期発見早期治療を勧める

広告番組なのでしょう。

ヒロインの健忘には特徴があるのに

PTSDの解離健忘

病院でガスライテイングが行われてしまうのは

「ガス燈」の画像検索結果

記憶障害があり嘘つきだと

洗脳され

精神的に追いつめられていくヒロイン

困ったことです。

 

夫のことを「誰?」と言う前には

ショックを与られる事件があり

ストーカーが病室に忍び込み

夫になりすましてキスした。

それ以外のことはすべて覚えていて

ガスライティングせず

ゆっくり記憶の再生に協力してくれる

怖い記憶だから

ラポール形成の安全な器が必要

夫のことはすぐに思い出しました。

 

テストの最後で

これは何ですか?と訊かれ

「鉛筆」の画像検索結果

「鉛筆」が出てこなくて

「…書くやつ…」と言ったのが

致命的と判断されたようですが

 

エピソード記憶がおかされ

いずれ記憶をつくれなくなると怯えている

ヒロインは

自分が生きた証を

「ノートじゃないけど残したい」と言っています。

 

ノートと鉛筆はセットなので

夫は作家で

自分のことを小説にしている。

鉛筆が思い出せないのは

そこに不安があるからではないかと思うのですが…

「PTSD回避」の画像検索結果「PTSD回避」の画像検索結果

PTSDの回避

要するに「精神分析」が欠落しているのです。

「精神分析」の画像検索結果「精神分析」の画像検索結果

 

夫が主治医に

「どこが権威なんだよ!」と詰めよるシーンをつくるのが

「勧善懲悪水戸黄...」の画像検索結果

脚本家の意図だったかなと感じました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です