資格がなくてもできる業務をする公認心理士という謎の不自由な国家資格

前記事ですが

 

公認心理師は

国家資格というものの

 

「公認心理師の資格がなければできない業務」というのが

1つもなく

当面設けるつもりはないと

厚労省が言ったと

短いニュースのなかに

わざわざ明記

 

ただ公認心理師と名乗ることができるだけの資格なのです。

そして

組織の方針におとなしく従うという

忠犬宣言の証

「忠犬ハチ公」の画像検索結果

急に招集され

あの猛暑のなか

大枚はたいて

缶詰でお勉強できる

根性を試すための

試験だったような気がする💡

 

確かに

心のケアというのは

このためにできた資格

 

子どもにでもできることながら

「ポニョptsd」の画像検索結果

家出娘ポニョをわがまま扱いせず

(実は実父から拉致監禁されて逃げてきた)

自己実現を支えた傾聴名人宗介くんの

実家はDVシェルター

 

受験者のなかには

まるでわかっていないトンデモ臨床心理士もいたりして

医者にしかできない投薬までして

後輩を心療内科送りに…

奥が深いんですよね。

 

私は今後もここで無資格で行きます✨

気兼ねなく自己主張できる自由はいいよ~

裁判官も苦労する時代ですから

ありがたいことですm(_ _)m

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です