『学校コワイ』PTSD性不登校と洗脳のこわ~い歴史💀

学校に行けない子どもたちのことを

行かない選択をした子や

怠学は含まない。

今は「不登校」と呼びますが

「登校拒否」とか

「学校恐怖症」と呼ばれた時期がありました。

 

拒食と同じで

昔は学校に行きたくないなんて

悩む子は稀でしたし

 

登校拒否は

拒否しているのではなく

行けないのだということで改称されましたが

その頃の事例研究を読めば

心理療法が機能していた時代

学校に行っているどころじゃない問題が

親が離婚しそうだとか

原因だったのがわかります。

 

この絵本は

「学校がコワイ」の画像検索結果

2012年に発行されたものですが

原因は発達障害で

学習以前に

他の子たちが自然に

察知したり理解するようなこと1つ1つに戸惑う。

以前なら

「自明性の喪失」ですから

虐待PTSDとして対応した問題

教室にいることが不安でいたたまれなく

そんな様子からいじめられるようになったけれども

親と先生が協力して

大丈夫になったという内容です。

関係調節で解決する問題ではない。

 

このあたりから

こんな子が増えたのは

その子たちが発達障害ではなく

昔の発達障害の子のイメージと

全然違う子が増えた。

洗脳されやすいPTSDだからでしょう。

 

発達障害を理解してほしいという

もちろん

社会には相互理解が必要です。

論調もありましたね。

 

 

「そらみみがきこ...」の画像検索結果「そらみみがきこ...」の画像検索結果「そらみみがきこ...」の画像検索結果

 

こんな本を読んで

心療内科に行った人たちは

どうしてますか?

 

「PTSDコンサータ」の画像検索結果

私が聞くお話は

喧伝されているのとは全く違うのですが…。

 

PTSDの人は

まず

社会的洗脳に気つけてください。

 

『学校コワイ』PTSD性不登校と洗脳のこわ~い歴史💀」への6件のフィードバック

  1. ドラゴン🐲

    社会的洗脳され、権力に依存してるカウンセラーさんとの対話を想像してしまいましたー一人でほくそ笑むドラゴン🐲です……アヤシイ

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      絵本の内容が紹介できないので、わかりにくいと思いますが、実に怪しげな本なのです。

      返信
      1. ドラゴン🐲

        14歳の時に壁や天井が自分に迫ってくる感覚に悩ませて何にも集中できなくなって、ドラゴン🐲ママに訴えたらドラゴン🐲の根性の問題よ!と言って何も取り合ってもらえなかったーでも、もし、あの時に精神科に連れて行かれ薬物投与されて権力依存症のカウンセラーにセラピーを受けていたとしたら……きっと 今のドラゴン🐲は存在していなかったのでしょうねーハッキリ言って未治療のまま放置していたけど、むしろベターな選択だったのかもしれないですねー凄く苦痛だったけど……

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          ご無事で何よりです。
          世の中にはしないほうが無難ってこともあるということですね。

          それとは別に、壁や天井が迫ってくる感覚等、話す場所があれば、それだけでも違うのに聴いてくれる大人がいないことは残念に思います。

          返信
          1. ドラゴン🐲

            おっしゃる通りです
            ですから、自分の子どもたちには もし、そういう感覚があったら直ぐにママに報告してと予め言ってありますー特に次男はドラゴン🐲コピーなので学校の寄宿舎に入った当初は凄く心配でしたー今のところ、大丈夫みたいですけど…..

          2. 翠雨 投稿作成者

            正しく対応されれば負の連鎖を断ち切ることにも成功できるわけですよね。
            こんな風に子どもたちが護られますように✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です