京都アニメーションでPTSD解離ストーカー男(41)によるテロ事件

人気作品を多く手掛ける

アニメ制作会社

「京都アニメーション」の

「京都アニメーシ...」の画像検索結果

スタジオの1階に

刃物を持って

入ってきた男(41)が

ガソリンのような液体をまき

「死ね」と叫びながら

火をつけたので

スタジオは爆発

空を覆うような黒煙となり

叫び声や助けを求める人たちの声で

周辺は騒然としました。

社長によると

「死ねとか

殺人(予告の)メールみたいなものもあります。

今、多いです」とのことで

現実とアニメの世界の境界があいまいになった

(おそらくは自他の区別も)

PTSD解離犯のようです。

「日本のアニメーションを背負って立つ人たちなので

1人でも傷つき

命落とすのは

たまったものじゃない」と

まず社員たちを

かばう発言ができるのは

PTSD予防鉄則第一で

素晴らしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です