年間5000人の教員がPTSDのさまざまな俗称で休職中

子どもの自殺や

「若い人の死因は...」の画像検索結果

こころの病が増えていますが

若い人が死亡した場合

一番多いのが自殺という驚異の国

教える側の教員も

年間5000人が心の病で休職しています。

 

 

精神疾患が多いわけですが

初期の頃は「うつ病」が流行していて

正しくは

流行していることになっていて

「2002 新型うつ...」の画像検索結果「2002 新型うつ...」の画像検索結果

最近は

「大人の発達障害」の画像検索結果

発達障害が潜んでいたと言われたりしますね。

「大笑い精神医学...」の画像検索結果「大笑い精神医学...」の画像検索結果

 

「大笑い精神医学...」の画像検索結果

心療内科医は

人間の着ぐるみ着て

人のフリしてる?

 

 

かつては

うつ病を発症しても

抗うつ薬を呑めば

何とかなるというのが

教科書的常識だったのですが

「薬が効かないう...」の画像検索結果

精神科の薬が

どこの病院でも

だんだん効かなくなり

「向精神薬 農薬」の画像検索結果

耐性ができたのか…

焦って

新薬をつくり

デタラメな説明をしているうちに

「大笑い精神医学」の画像検索結果「薬が効かないう...」の画像検索結果

めちゃくちゃになり

「双極性障害増加」の画像検索結果「双極性障害増加」の画像検索結果

ますます手の施しようがなくなりました。

 

もうあとは

病気の(誰がつくったのかという話ですが)せいにするしかなくなり

徒党を組んで

そういうことに

(誰も悪くないし治さなくていい)

してあるのです。

 

こうしてみると

「かくれ○○」「重ね着」「なかなか治らない」

こころのうちにあるものを

吐露しながら

使いまわしているのが

わかりますね。

 

おしゃれもいいけど

「気分障害」の画像検索結果

気分でいい加減なことを流行らせるのは

専門職としての自殺行為です。

「豚のおしゃれ」の画像検索結果「豚のおしゃれ」の画像検索結果

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です