教えて★マーシー先生 条件反射制御法のPTSD性覚醒剤依存症への期待

田代まさしさんの逮捕について

マスメディアの報道の仕方が

過剰だとか

控えるべきだという専門家もいるようです。

 

 

第一人者と言われる医師は

治らないシステムをつくっているから

永遠の患者に信奉されている。

薬物報道のガイドラインのたたき台を作って

今年(2017年)1月に公表したそうです。

なぜガイドラインの改正をそこまで強く望むのか

建前は

田代さんのような人を救うため

分析してみました。

 

報道によって

治療中の患者さんが

再使用してしまう確率が高まり

その都度

せっかく積み上げてきた回復への道が

何年も前の状態に戻ってしまうとのことですが

 

数分のニュースをタイムリーに見ているものでしょうか。

依存症患者=テレビっ子 ?

 

確かに

覚醒剤事件の再現映像の定番だった

黒い紙の上に岩塩を挽いたものが

上から降り積もるシーンは

「岩塩 覚醒剤」の画像検索結果

フラッシュバックを起こすからとの

ダルクの依頼で消えたそうです。

 

しかし

最先端の

認知行動療法を受けている患者さんが

「条件反応制御法...」の画像検索結果

「条件反応制御法...」の画像検索結果

意志を訓練し

「条件反応制御法...」の画像検索結果

おもちゃの注射器まで使って

空振り体験を繰り返し

幻想を治す。

それだけで元の木阿弥になってしまうとは

奇妙なことです。

治療効果の虚しさの露呈といった方がよいでしょうか。

 

 

田代まさしさんは

NHKと違って

「教えてマーシー」の画像検索結果

残している啓蒙YouTubeのなかで

「ブラックマーシ...」の画像検索結果

このことについても見解を示しています。

 

刑期を終えたとき

ダルクが迎えに来てくれて

出所祝いと称して

「しゃぶしゃぶ」や「あぶったお肉」をごちそうになったとき

それは…ダメでしょ💦と思ったけれども

当事者はダジャレにも反応するのです。

PTSDの無意識原理ですね。

敢えて反応しない決意をさせるためだと

理解したと語っていて

認知行動療法的な手法が既に取り入れられていることを

教えてくれています。

 

温室のような場所で

真綿に包むような接し方をしているわけではなく

「教えてマーシー」の画像検索結果

強い意志が要になることも

否定しているわけではないのです。

 

認知行動療法では

自分とは関係のない芸能人の逮捕なのに

迷わず「マネ」てしまうという

超外向性(ヒステリー性格)

あるいは

「マネ」た言い訳をする

否認の病が

未治療のままで

 

おそらくは

少しの意志と

向精神薬の置き換えで棚上げされ

合法麻薬か違法麻薬かの違い。

置き換えはつらかったとマーシー先生も語る。

見かけ上は回復しているかのように見せているだけなのです。

 

薬物報道改正ガイドラインが

どこでどなたのために必要なのか

わかっていただけましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です