元農水次官の長男もPTSD誤診で殺害された

東京都練馬区の自宅で

長男(44)をナイフで刺して殺害し

懲役6年の実刑判決を言い渡された

元農林水産事務次官(76)は

「もう少し息子に才能があれば・・・」と語ったそうですが

この長男も

誤診と薬害の被害者だったようです。

長男は

中学2年生の頃から母親に暴力を振るい始め

「PTSD箱庭」の画像検索結果

ここで正しく手を打っていたら

予後は全く違ったハズ

18歳~20歳の頃に

統合失調症と診断されましたが

主治医が親戚で

心理療法的ではない。

2015年11月に

主治医が変わり

アスペルガー症候群と見立てが変わりました。

面談していないので確定診断ではないが

精神科あるある💕サイババ現象

「香山リカ サイ...」の画像検索結果

「アスペルガー症...」の画像検索結果

DSMにはない診断名ですが

空気を読めないとか

他人の言っていることを被害的に捉え

コミュニケーションが一方的である他に

ゲーム依存症という見方がないので

やめさせようとする指示が入らないとの認識しかない。

覚せい剤依存に置き換えればわかる話だが…。

最近はやりの感覚過敏も指摘されています。

「HSC」の画像検索結果

家庭内暴力から始まり

指示が入らないとか

敏感であるとか

父親から聞いた

表面的な様子だけで

その時々に話題となり

流行している診断名がつけられ

処方が行われてきたのです。

医師法違反です。

「賦活症候群」の画像検索結果

「毒を撒かれた」は妄想ではなく

心理に沿った比喩表現ですし

こんなデタラメな診断と治療をする医療や

それを鵜呑みにし

「病気のせいです」と言い切る父親

「アスペルガーに生んで申し訳ない」と語る母親に対して

「お前らエリートは俺をバカにしてるだろう」というのも

よくわかります。

なぜ本人の言葉を傾聴しないのでしょう。

エテ公🐒まで参入した

「公認心理師」の画像検索結果

病院ごっこの悲劇を象徴する事件なのです。

こんなことはもうやめませんか?

13 thoughts on “元農水次官の長男もPTSD誤診で殺害された

  1. あ*=franoma

    「毒を撒かれた」のは、殺害されたご子息の場合には心理的な比喩表現であり、我が家の場合には義姉が出入りの業者に除草剤を散布させて息子と猫さまが七転八倒…配偶者である兄をも騙し討ちにして、私に対して「被害妄想」と連呼しました。合掌。件の西洋白人女性ご夫妻も三田会の面々もさぞかし愉しいでしょうね。あの人たちは全員、グルで「愉しそう」に演技している…素直な子どもの目から見て、ずっと、そうでした。隠れ虐待も心理操作も愉しそうにやる…愉快犯たちでした。

    「英一郎さんの体には30箇所以上もの刺し傷があった」
    専門家からオモチャにされた御一家の父上は、我が家でDV化したオヤジと同じ末路を迎えたのでした。オヤジのほうが荒れ方が穏やかだったのは、保護人格が真っ当だったから「警察を呼べ。私は何をするか判らない人間だ」と言ってくれたわけです。その点、idthatid さまよりも真っ当な人間です。彼女の保護人格は存在しないのでしょうか?
    Отправлено с iPhone

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      喜々として病院ごっこを愉しむエテ公🐒たち…『裸の王さま』増殖中です。
      物語に見られるような子どもと大人の構図は大昔から変わらないみたいですね。

      この父親は、相当抑圧していたわけですね。
      これだけ抑圧できたのも(真の意味ではなく社会でいうところの)エリートだった証でしょう。

      保護人格が存在しないタガの外れたタイプということでも重要症例になるかもですね。

      返信
      1. ドラゴン🐲

        おはようございます😃

        資格が「裸の王様」を増殖させる事になるのですね
        ふと思ったのですが、公認心理師は裸の王様側なのですか?それとも詐欺師側?
        技量のない心理師に患者さんは治ったフリを教養させられるという事もあり得ますから、裸の王様はクライエントで、詐欺師が心理師になるのかな?とも想像してしまいました

        保護人格が存在しない….かなり危ないですね
        人格会議中、保護人格が眠っている時に解離行動に走ってしまう事が多いですから、ましてやその人格が存在すらしていないとなると……こわっ💦

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          いや~どうでしょうね💦
          そこまで考えてませんでした。
          「最新の治療(お洋服)です」と、おだてられてるのはクライエントで、おだててるのは心理師ですかね。
          その心理師も何かにおだてられているというか、自分で自分をだましおだてていると言うか…ややこしい入れ子状態です。

          眠っているだけなら、起きることもあるし、他の人格のなかで認識している人格が「あの人に聞いてみよう」となるかもしれないですからね。
          そこは大違いです。

          返信
          1. あ*=franoma

            《公認心理師》制度の推進に力を入れておいでという @emiemi14 さまは、小保方さんバッシング騒動のなか、笹井芳樹先生を《うつ病》ラベリング攻撃でPTSD死に追いやった後も勝ち誇ったり、「仏教をアップデートする」と豪語なさったり…前から病的な自我肥大が観察される人物ゆえ、バックに《安倍晋三王朝》繋がりのカルト組織があることが疑われます。息子の進学先として洗足は避けたのは正解でしたね。他の私学もアレコレ検討しましたところ、結局、近所の公立中学が最善でした。オヤジが連中にヤられて多重人格化が進み、攻撃性のある交代人格が何処でも襲撃するようになっていたので、殆ど登校できませんでしたが。連中からの攻撃から逃げつつ何とか息子も20歳になって、ある日、「こういうのを《以心伝心》というんだ」などと言い、私も「あゝ、ここまで来るのに20年かかった…」とか言い、ささやかに喜び合いました。

            さて、
            Q:公認心理師は裸の王様か?
            A:idthatid さまや @emiemi14 さまは(我々の観察からすると)裸の王様にしか見えません。しかし、雇用の継続を保障してもらうために、仕方なく(魂を売って)資格を取得なさった人もいるでしょうから、全員が裸の王様という訳でもないでしょう。しかしながら「仕方なく」でも «心理職の魂» を売らなければ取得できないような資格ですから、喜んで公認心理師になったなら、上述の2名と同様、《病院ごっこ》をエンジョイして社会的地位とカネをゲットする人々です。それが見えてしまう普通の(=正常な)人からは、裸の王様です。
             要するに、 «心理職の魂» を売らなければ《病院ごっこ》は出来ない…ということです。
             前々から WISCだの敷衍して心が痛まない創価大学の皆さまは、学会が “the principle of charity” を外した邪教であることを露呈してきました。先日も、“the principle of charity” を外した哲学/仏教哲学はあり得ないので、創価学会は仏教に分類できないとツイッターで説明しました。“the principle of charity” を外した哲学/宗教哲学もあり得ないので、仏教ではない何らかの宗教でもなく、《邪教》です。ついでに、 “the principle of charity” を外した哲学/科学哲学もあり得ないので「幸福の科学」は科学ではありません。最近、義姉を取り込もうと盛んに書籍を送ってくるので迷惑しているそうです。
            Отправлено с iPhone

          2. 翠雨 投稿作成者

            学園内で足を洗って出直してほしいものです。
            一般の公認心理師登録者は、まだ正気を保っている部分が大きいので一緒にされたくはないでしょうね。

            オウムも仏教じゃなかったし、中沢新一は教団に著書を誤読して広められ迷惑だと言っていました。
            そういうのは止められないけれども、学術的ではないところで司法に裁かれたわけですね。
            心理ギョーカイにもそういうことがあるかなと期待します。

  2. あ*=franoma

    補足です。

    コメント
    https://bit.ly/37k6UXV
    には、《医療報酬》を《お布施》と同列に論じる高学歴の人々について、六本木の連中と同じ穴のムジナだと書きました。まさに、DSM精神科医の総本山と三田会をバックに《公認心理師》制度で国民健康保険にタカろう…つまり《病院ごっこ》は愉しいなぁ… という制度設計にしてあります。そして、これは《医療の商品化》&日本貿易協定(日米FTA)で日本国民を食い物にする外国勢力と裏で繋がっているのでした。そういう訳で、公認心理師は、公職追放が妥当です。
    Отправлено с iPhone

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      覚せい剤と拉致監禁を駆使した邪教とどこが違うのでしょうね。
      あの場合は科学者が、今回は心理職がイカレてます。

      返信
      1. あ*=franoma

        仰るとおりです。
        前回はチェルノブイリ原発事故&オウム真理教、
        今回はフクシマ原発事故&公認心理師カルト …
        ですね。

        上川陽子(当時の)法務大臣は、《安倍晋三王朝》メンバーであり、最新請求をしている最中の人も含めて、一挙に死刑執行&「死人に口なし」路線を遂行した模様で怖ろしいかぎりです。

        ヒラリー・ゾンビ婆さんのエピソードもまた1つ増えたようです。
        https://ameblo.jp/don1110/entry-12563309337.html
        日米そろって「死人に口なし」路線ですね。

        返信
    2. あ*=franoma

      (誤)日本貿易協定
      _ ↓
      (正)日米貿易協定

      謹んで訂正します。

      なお、モンサント は、ドイツが買ったので、日米FTAの問題ではなくなっています。EU🇪🇺で使わない除草剤を日本も買いません…と、除草剤の環境基準をEU並みにするチャンスです。

      返信
      1. 翠雨 投稿作成者

        そのくらいなら言いやすいですね。
        言いたくないかもしれませんが、国民のために言っていただかないと困ります。

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です