旭川医大元教授のPTSD解離性不正研究は処分されず

旭川医科大

(北海道旭川市)は

13日までに

元教授が

大学在籍中に学会誌に投稿した論文に

他の研究者の論文などに掲載されていた

写真を無断で使用していたと明らかにしましたが

既に退職していることから

処分行わず(共同通信)だそうです。

間違った研究も多いですが

故意に行ったものなのに甘いですね。

一方で

不正の疑惑をかけられ

ストーカーやパパラッチで

怪我をさせたり

PTSDを発症させても御咎めなし

研究者人生を終了させられても救済はなし…とは

ヒドイ話です。

日本の学会も大学もめちゃくちゃですね。

小保方さんの現在

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です