『イチケイのカラス』裁判官のPTSD解離暴走

あなたもスタンプをGETしよう

憲法記念日ということで

日本国憲法・憲法記念日のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

日本国憲法ですから

象徴天皇と密接にかかわる

(GHQすら切り離せなかった)

どこまでも臨床心理学的なものなのです。

チャレンジウェブ-社会ばっちり! キーワード集-進研ゼミ小学講座 ...

いのちにかかわることですからね。

『古事記』の命(みこと)はこころです。

笹山登生

『イチケイのカラス』で浮彫とされる

理想の裁判官について考えます。

「型破り裁判官」がテーマですが

わかりやすくするために

ブレーキをかける堅物裁判官と

(ベルトコンベアー裁判官・駄作製造機・鈍感力抜群)

温厚そうなベテラン裁判官と組ませる脚本家

視聴者からみれば

この人が理想の裁判官です。

「この人に裁かれたか」という問いもよく出てきます。

そして

裁判官と言えども人間関係のなかで

生きていますから

描かれていた「上からの圧力」はよくない人間関係

型破り裁判官からも上に圧力をかけているのは重要💡

影響を受けるもので

極端に受けるのがPTSD解離人格(ヒステリー)

吉田戦車「伝染るんです。」DVD 第1巻 8月21日発売 !! - YouTube

得て公🐒(公認心理師)みたいにマネする病

マンガのような堅物裁判官も

脚本家は

出世に響くから

(例えば国を負けさせるとか…)

この事件の担当を外してほしいと

平気で言わせる。

人情を解する部分が増え真の正義を学びだし

ベテラン裁判官も

実はSNSの反論気にしてる。

ネットに置いた本の人気がなくて課金されない。

裁判が始まる前から被告人に予断をもつようになり

ルール違反なのですが

予断にもいろいろあるし

本来もつべき予断がさしはさめないために

冤罪が起きることを証明している。

何が正しく何が間違っているのか

自明性の喪失が必要な現場

深い視座から教えてくれています。

型破りと言えば

岡口基一裁判官ですが

3人の裁判官は

この人からインスピレーションを受けた分身では?

何物にも染まらないどころか

おおさかではSMの女王さまに縛られ

ポジショントーク

実録・レイシストをしばき隊 | 野間 易通 |本 | 通販 | Amazon

ネット上とはいっても

しばき隊に肩入れって…めちゃくちゃじゃないですか?

東京ではすなっ区ポジション・トークをやめないから

ポジショントーク

予断まみれ💦

いじめ

被害者遺族いじめは

堅物女性裁判官の鈍感力の発想の源か

(この文章のどこがいけないのかわからないらしい)

クラブじゃないとか人間平等だとか

論点ずらしをさせる天才

裁判所は困惑して

ポジショントーク

島送りにしたのですね。

私に不当判決書いた裁判官も島送りになってたよ。

神さまは見てます。

Amazon | ジャッジ 島の裁判官 奮闘記 DVD-BOX -TVドラマ

この作品は

孤島でも人知れず

よい裁判官がこころのケアのような

よい活躍をしているというお話です。

ということで…

このドラマは

悪い意味での型破り裁判官を反面教師として

生まれたのではないかという推測でした。

2 thoughts on “『イチケイのカラス』裁判官のPTSD解離暴走

  1. あ*=franoma

    « 「PTSDの世紀」における行動原則は、
    PTSD現象学を進めることによって個別科学の課題を切り分け、
    人類史レベルでPTSD現象の嵐が吹き荒れる状態を鎮静化に持って行くように努めること(=PTSD予防&克服に努めること)でしょう。

    「発達障害論」詐欺から日本人を解放するには、
    PTSD現象学を進めることによって個別科学としての医療社会学を展開し、
    神田橋医師でもkyupin医師でも杉山登志郎医師でもきょうクリいんちょう先生でも岩波明医師でも…死屍累々にしかならない
    という認識を人類社会で共有することです。何しろ、解離性不注意を否認してADHDということにしていると、消耗品として日本人を使い捨てるだけでは済まず、原発事故の後片付けができなくなるので、人類滅亡に加担することになってしまい、「鬼畜日本人、バカ日本人、どんどん死ね!ざまあみろ!」では済まない、人類史レベルの問題なのです。わかりますか?»
    と拙ブログ記事:
    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12313492879.html
    に書いたことを思い出しました。
    iPhoneから送信

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      次の森林浴の記事を書く中で、「神」「自然現象」「人間」との関係について、昔の研究者も私と同じ感覚を持って興味深く眺めていたことを知って感動しました。そして、この記事にも書いた内容なので、画像を追加しました。

      どうしようもない方向に進んでいるように見えた集合的無意識ですが、窮すれば通ずで、よい知らせも舞い込むようになりました♪

      継続は力なり💡ですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です