緘黙男児に暴言の教諭に対するPTSD否認スクールカウンセラー制度的認知行動療法の実際

大阪市教育委員会は

特別支援学級に通う

PTSDを発症し

発達障害と誤診された事例がほとんど

小学6年の男子児童に暴言などを繰り返し

ストレスでPTSDを発症したのに

さらにストレスを与えられる地獄

学校の聞き取りに対して

虚偽の報告をした

加害者型PTSDあるある

市立小の男性主務教諭(39)を

停職6カ月の停職処分にしたと発表しました。

しかし

よく読んでみると…🧐

センセイは

「今後の社会生活を考えて指導した」ところ

「あいさつしろや」

「ありがとうくらい言えや」などと暴言を繰り返し

何度も肩を強くたたいたりしたので

男児は不登校に陥った。

それでは

教育委員会の心証が悪すぎると(だけ)感じ

要領がいいタイプ?

「自分の指導力不足へのいらだちをぶつけた」と

解離したことを認めたのはよいことですが

学校現場としての真の問題解決という視座からすれば

まだまだ序の口ですね。

反省するようになったそうです。

今日から使える 認知行動療法 | 福井至, 貝谷久宣 |本 | 通販 ...

発達障害への心理療法的アプローチ (こころの未来選書) | 河合 ...

なんだか変ですが

学校の常識では

行動療法理論の限界

これで無問題なんです。

吃音

それでは子どもたちが辛すぎるから

トラコ先生に期待がかかるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。