少年院や鑑別所とPTSD

少年院

家庭裁判所から
保護処分として
送致された少年に対し
社会不適応の原因を除去し
健全な育成を図ることを
目的として
矯正教育を行う法務省所管の施設

 ― 不適応の原因と
   考えるものについて     ←根本問題
   現場と専門家の学識との間に
   大きな溝があります。
   
   不適応の原因を【発達障害】とみなすと
   矯正一辺倒になってしまい
   暴力の温床になります。
   その二次被害による精神的ダメージには
   計り知れないものがあると
   推測されます。
 

少年鑑別所

家庭裁判所から
観護措置の決定によって
送致された少年を
最高8週間収容し
専門的な調査や診断を行う
法務省所管の施設

非行に走るようになった原因
今後どうすれば
健全な少年に立ち戻れるのかを
医学,心理学,社会学,教育学などの
専門的知識や技術によって

明らかにする。

  ― 虐待やDVがなかったか。
   親が離婚していないか。
   離別した親が再婚していないか。
   親の再婚による虐待環境はないか。   
              ↑加害者は【否認】するものですよ!

   悪夢はないか。
       …
     そんなことくらいで!なんて
     言わないで、
     そのことが
     トラウマになっていないか
     調べるのが
     真の鑑別でしょう?

     「そんな風に考えるのは
      筋違いだ」ではなく
     「どうして、そういう風に考えるように
      なったのかな?」
      でしょう?
      ←精神分析無意識の
                      脱線
って知ってます?

確か
学習能力がないのを
発達障害っていうんでしたよねドキドキ

自分がそうなのに
相手がそうだと思い込むのは
【投影】って言って
いじめっ子がよくつかう
常套手段でしたよね。

あってますか?
専門職さん!

     
   

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です