月別アーカイブ: 2020年8月

『アンサングシンデレラ』集団絵画PTSD療法を薬剤師が行ったら

続きです。

まるで

心理士の役割というか

未分化な職業だった時代のヒーラーの在り方を彷彿とさせる

つまりは

どんな職種でも究極は

傾聴で

ホリスティックなサイコセラピーとなる。

心理療法

私はこれがサイコセラピーだと習いました。

ヒロインの薬剤師ですが

ある回では

透析中の小学校の先生と

クラスのこどもたちに

病気をからかわれながら

倒れたトラウマ

ある薬を勝手に断薬中

教え子のトラウマを癒す

先生が病気で走れないのがわかっていて

走るように煽り

クラスで嘲笑ったことで

先生が死んだらどうしようと後悔

苦しんでいた。

仕事をしました。

先生は

薬を飲むようになっただけではなく

今の医療では、これも限界だった。

子どもたちと和解し

元気に働くことができるようになったのですが

価値観を書き換え

理想としていた先生像は

自分に合わなくなっていると確認し

より高次の理想を目指し始めた。

以前より楽しそうに活き活きと

クラスをまとめることができるようになりました。

これが心理療法の結末としての自己実現です。

普通はできなかったことができるようになる(±ゼロ)だけ。

『借りぐらしのアリエッティ』でよく書いてた

借りぐらしのアリエッティ』より 心理療法とは何か? 象徴で癒される ...

学会発表もしました。

心理療法の神髄のようなものが感じられます。

この薬剤師には

自己治癒力の象徴であるアリエッティみたいなところがある。

自然治癒力自然治癒力

動物的カンも味方に

百尺竿頭の上にいる象徴アリエッティ

自然治癒力

患者さんのわがままをきいてあげるのではなく

こんな風に思えるようにするのが

本当の心理療法です。

薬を飲まないという問題行動の奥に

こういう展開が待っているわけです。

この結末を導くのに使われた手法がまた圧巻でした。

先生に

お薬カレンダーを勧めても

『何を言ってるんだ…』となります。

お薬カレンダーのイラスト

そして

お薬カレンダーのなかに

絵とともに「先生頑張って」等と

子どもたちが書いたメッセージが

あります。

普通は

『子どもだましのようなことをして

どこまで馬鹿にするのか…』となるでしょうが

そこで

先生のトラウマが氷解しました。

先生の素直な直観は

すべてを覚りましたが

子どもたちがまだいじめっ子の気分で描いたなら

傷口に塩を塗るようなことになります。

薬剤師は

学校に出向き

お絵描きをしている子供達のイラスト

図工の先生のように

集団絵画療法をしたときの様子を

これが実現するまでに

ケースワーカーのような地道な仕事を

薬剤師の仕事の合間にこなしていた。

普通は無理なので

心理士がすべきですが

公認心理師だと規約違反となる。

(病院経営が成り立たないのでトップが許さない)

ビデオレターでも見せました。

私は

このドラマの脚本家の意図は

公認心理師を問うことじゃないかと思うのですよ。

それ以外の読み方できますか?

『アンサングシンデレラ』公認心理師よりは薬剤師

精神科医とスクールカウンセラーのタッグで

子どもを薬漬けにするひどいシステムのなかで

薬剤師は何を考えているのかなぁという疑問がありましたが

6年制になり専門知識は高くなっているはず

忘れたころに

やっとドラマとして表現されました。

おかしくても常識として定着してしまったから

システムは安泰

アンサング・シンデレラ

unsung Cinderella

アンサング ヒーロー(unsung hero)」=「縁の下の力持ち」と

シンデレラCinderella)」=灰かぶり

機械のように

処方箋を捌くだけの薬剤師や

薬が多すぎたり

飲んでいないのを知っていながら

『まあ(患者さんあるある)ね…』とみんなで見逃す様子

マトリが来て大騒ぎする様子

麻薬は厳しく管理されている。

向精神薬も麻薬のようなものだが…

副作用で苦しみ代替療法を望む患者さんが

「ネット上の知識をうのみにするのは危険です」と

ぴしゃりと言われてしまう様子が

そのまま表現されています。

そんな職場で

ヒロインの石原さとみさんは

シンデレラはかならず灰をかぶる。

理想の薬剤師なので

大学教育以前の薬剤師は多分こうだったのでしょう。

とても浮いた存在です。

アスペルガーと言われないので

現実よりましかも…💦

処方をしっかり確かめて

「日常で何かありましたか」

「些細なことでもいいので教えてください」と傾聴

傾聴

公認心理師は傾聴を素人かと小ばかにする。

専門家に言ってもしかたがないと

あきらめて勝手に自己処方して

いつまでも治らない患者さんのこころも

時間をかけて開いてゆきます。

薬の味はすべて自分で確認していますから

科学的に大丈夫なのかは知りませんが

ホメオパシー程度なのかな。

自己犠牲を払いながら

患者さんの立場で感じるという比喩でしょう。

事故が起きた時

破片しかなくても

独自調査しながら突き止めることが可能ですし

保険点数が半日で3000円にしかならないのにと叱られる。

苦い薬が飲めなくて悪い子扱いされている

子どもにも信頼され

結果的に

医療が適切に行われるように貢献し

拗れていた親子関係まで修復してしまいます。

それが自然治癒力にも働き

よい連鎖が起きます。

傾聴

市川市役所で発達障害支援の【偽】臨床心理士(43)逮捕

臨床心理士の資格があると偽って

市川市に勤務していた

非常勤職員(43)が

7月に

偽造有印私文書行使

8月に

詐欺容疑で

逮捕されています。

ホンモノの証明書に

自分の顔写真を貼るなど偽装して

発達支援課にもぐりこみ

発達に課題がある未就学児とその家族への

相談業務もしていたそうです。

採用時に

猿でも取れる

取得を【得て公🐒】と呼ぶ。

公認心理師が国家資格になっていれば

2014年採用らしい。

犯罪を犯さなくて済んだかもしれませんね。

理由にはなりませんが…

ところで

臨床心理学は正しく学んでいたのでしょうか?

市川市

こういうのいるから…\(◎o◎)/!

【人身事故】常磐線は高浜駅での女子中学生PTSD解離自殺で遅延中

08:47頃高浜駅で発生した

線路内に立ち入ったのは

石岡市の

中学生の女の子(14)

人身事故の影響で現在も列車に遅れや運休が出ています。

エテ公

大阪で知事と市長が

PTSD

「専門家が言っているだろ!」とばかりの妄言で迷走

こういうとき

エテ公システムは弱いです。

エテ公

イソジンが品薄になるのは

PTSD問題とよく似ています。

トラウマ対策をこじらせて

地獄の苦しみになるのも同じです。

レバノン首都は爆発事故でPTSD予防中

中東レバノンの首都ベイルートで

大規模な爆発が起き

ゴーン氏の自宅も破壊された。

PTSD

 

PTSD 

100人以上が死亡

3000人以上が負傷し

病院は野戦病院化の

阿鼻叫喚で

治安部隊も出動し

集まった報道陣に

「何を撮るっていうんだ?辺り一面、遺体だらけだ」と

怒声を浴びせる始末の混乱ぶりです。

 

原因は不明ですが

きのこ雲が不気味で

ベイルート

米国のトランプ大統領は

つい

「恐ろしい攻撃」と吐露しました。

米国防総省は否定

 レバノン当局は

現時点で

米外交筋が「攻撃」という言葉を使うことについて

懸念を表明

戦争PTSD

 

戦時のようなPTSD予防中であることは

確かです。