PTSD」カテゴリーアーカイブ

歯並び活舌すら遺伝ではない ~PTSD身体症状の作られ方①

PTSDを否認する人たちは

「遺伝だ」と言いたがるものですが

昔は遺伝と言われるのを嫌ったものだが

今は遺伝と言われ安心する人が増えた。

この歯医者さん

       心身症

「歯並び」すら

遺伝でないものが多く

「活舌」が悪いのも

話し方を治すのではなく

吃音PTSD

吃音は後述の心理療法向け

根本的なツボをおさえたトレーニングで治ると

話されてますよ。

「姿勢」を正すだけで心身の調子が相当よくなるように

「癖」「気の持ち方」で

どうしてそうなったのかの分析は

心理療法で可能

PTSD

同じ言葉ばかり話す人

立ったり座ったりを繰り返す人

奇妙な行動にも理由がある。

かなりの症状が起きることがわかります。

つづく…🌈

一橋大ゲイ法科大学院生(25)もPTSD否認相談で自殺

ゲイであることを同級生に暴露(アウティング)された

法律を学ぶ学生に対するPTSD予防教育大事です。

「クライエント」という言葉の精神は

法律相談での人間関係からきていますからね。

一橋大の法科大学院生(当時25歳)が

校舎から飛び降り自殺したことで

両親が

大学側の対応が不十分だったのが原因として

賠償を求めた訴訟のなかで

アウティングをした同級生とは和解

大学については

「安全や教育環境への配慮義務違反は認められない」との判決

自殺した学生は

同級生の対応に大きなショックを受け

アウティング

急性ストレス障害

暴露した同級生と顔を合わせるとパニック発作が起こるようになって

心療内科を受診

心も内科も診ないけど心療内科

不安神経症やうつ、パニックなどの診断を受けて

素人が見てもそう見える症状診断名をつけただけ

薬を処方されたうえで

一橋の優秀な学生でも麻薬を処方されると…

大学のハラスメント相談室で

「同級生を見ると吐き気がしたりパニックになったりする」と訴えたが

クラス替え等表面的な措置をする必要があるかどうか等

表面的なケースワークに徹し

傾聴されなかった。

アウティング

野豚🐷流ですね。

相談員の面談を受けた直後に

自殺していたと判明しました。

アウティング

発達障害なども同じですが

アウティング

違いを認めよう等との表面的な話に終始し

本当に生きやすくすることを考える相談と

程遠いものしかありません。

連日の人身事故の原因も

こんな感じじゃないですか?

アウティング

伊藤詩織さん『blackbox』名誉棄損から致命的な魂の傷つき(PTSD)へ争点移行

伊藤詩織さんが

自らの性暴力被害を訴えていることについて

民事は高裁で審議中

刑事は

山口さんに対する

レイプドラッグ等使用の

殺人未遂

強姦致傷疑惑は不起訴

伊藤さんに対する

名誉棄損と虚偽告訴疑惑は

書類送検中

ツイッターで誹謗中傷したとして

損害賠償請求や謝罪広告請求をされている裁判の1つ

漫画家らに対する裁判も始まりました。

漫画を描いた人と拡散した人

「絵」が問題になっているのですが

「アートはポジティブなパワーをもっていると信じています」

トラウマ

私は自分の被害をあざ笑うようなイラストを見た日の朝のことを

今でも忘れられません

漫画家は伊藤さんのことではないと否定

普遍性(よくある問題)の表現なら

象徴とも関連する重要な問題です。

たましいの傷つき

伊藤さんは「魂を深く傷つけられた」と述べられ

焦点は

名誉の棄損から

魂の傷つきへと移行しています。

魂の傷つき

「その日、ベッドから起き上がることが出来なくなりました」

「私は他人が怖くなりました」

イラストが拡散されていく様子を思い浮かべると

外に出ること、街を歩くことに大変な苦痛を覚えるようになりました。

外に出る時は

帽子をかぶってサングラスをかけ

常に周囲を警戒するようになりました」

自分のためだけではなく

多くの被害者のために提訴したというのも

木村花さんの自殺にショックを受け

木村花さんの自殺前から

訴訟活動を急いでいた   ?

何にショックを受けたか立証するのには

時系列等

客観的証拠が重要

一連の裁判において特徴的な点の1つですね。

「私は、私自身が前に進むために

そして私と同じ被害に苦しんでいる多くの人たちのために

この裁判を始めました」

『鬼滅の刃』PTSDの緘黙と『眠れる森の美女』

『鬼滅の刃』の主人公の妹の一風変わった姿は

緘黙

こころに傷を受け

 

緘黙

 

話せなくなるという

PTSDの症状の1つ

『緘黙』の比喩でしょう。

『吃音』は親戚みたいなものです。

吃音

一時期流行った症状で

独特な絵画表現と治癒過程がよく知られています。

 

しゃべれない禰豆子の演技は苦労したそうですが

実際の心理療法でも緘黙は大変です。

言葉による精神分析はムズカシイですね。

発声練習をする認知行動療法は脱落するでしょうし

ここでも箱庭とか遊戯療法

夢分析が最強です。

 

 

話せないことにこだわらず

主訴のことばかり言っていると治らないのは

他の症状も同じこと

よく眠り

自然治癒力が働いている。

しかし夢を見ているから【寝ず子】

弱点を克服しながら

光に当たれない。

徐々に人間へもどり

治癒過程

まだ寒いと感じても

畳の一目一目ずつ日が長くなって

いつのまにか春がくるように

自分が「竈門禰豆子」であることを思い出しました。

今は曾孫さんもおられるそうです。

 

PTSDが治るまでは

治療場面以外で

あんまり話さないこと

あんまり出かけないことも

重要じゃないでしょうか。

緘黙

 

緘黙

緘黙

西洋にも似た物語があり

自己実現の過程で起きる悲劇は

知識があっても回避できるものではなく

(王室でも皇室でも同じ)

ヒロインは眠り続ける。

この部分は世界共通みたいですよ。

聖路加国際病院スピリチュアルケアでPTSD発症の女性が提訴

入院中の女性患者に

薬物を投与し

わいせつな行為をしたとして

島根大学医学部付属病院の元勤務医(29)が逮捕されましたが

同僚が自宅に侵入された別件もあり

PTSDの依存症らしい。

聖路加国際病院(東京都中央区)でも

スピリチュアルケアを担当する男性牧師チャプレンから

最先端医療として知られている病院に入院

医師や看護師らが行う

(公認心理師も🐒このしもべ)

いわゆる医療とは違う立場でのこころのケアを選択

性被害にあったとして

元患者の女性が昨日

国指定の難病である多発性筋炎

牧師と病院を運営する聖路加国際大学を相手取り

慰謝料など約1160万円を求め

東京地裁に提訴したそうです。

本日会見を開いた女性は

「壮絶なセカンドハラスメントを受け」

病院に相談すると

「チャプレンがそんなことをするはずがない」

「患者が職員からハラスメントを受けた場合の

相談窓口は設けていない」

 

「それをなんとか乗り越えて

今回提訴に至ることができました」

弁護士や

性暴力救援センター「SARC東京」に相談

警視庁に被害届

「裁判の中で尊厳の回復を求めていきたい」と話しました。

PTSD治療の意味があります。

事実であるならば

あってはならないことで

加害者が悪いに決まっているわけですが

被害によるあまりに強い驚愕で

自分の身に何が起きているのか判断するまでのあいだ

「病院での治療が必要不可欠で

牧師の機嫌を損ねることができないという気持ちがあり

パワハラでもある。

声を上げることはできなかった」とのことで

PTSDを発症していると診断されているそうです。

被害届を出し

牧師は容疑を認め

病院内での報告書では否認

強制わいせつ容疑で書類送検されたのに

嫌疑不十分で不起訴処分とは不可解なお話ですね。

 

Blackboxが開き始めたばかりの今

日本の恥

余波が東京地裁に押し寄せています。

集合的無意識の問題なので流行がある。

PTSD問題としてとらえ

スピード感をあげないと

わけがわからなくなるのではないでしょうか。

負の連鎖で被害者も増える。

米大統領選にも悪用されるPTSD理論

アメリカの大統領選挙まであと10日余り

トランプ大統領(74)と

バイデン前副大統領(77)の

ののしり合いも注目されていますが

正式には討論会と呼ぶ。

ネット上では

トランプ大統領の熱狂的な支援者による

トランプ大統領が認めた人たちではない。

バイデン前副大統領を貶めるデマツイートも過熱し

煽る(洗脳)作用そのものには

見過ごせないものがあるということの証明

Twitter社も臨時に設定を変えたりしています。

トランプ大統領は凍結されたり

情報操作を指摘したりして

ツイッター社と反対の立場

マスクは嫌い派 ~日本では存在を認めてもらいにくい。

笹山登生

笹山登生

日本にはBlackbox問題がありますから

ややこしかったのです。

どんなデマかということですが

そのものを言うと

書き方によっては大統領選についてでも

ブログやYouTubeは

アメブロは設定が変わり

コメントが書きやすくなりました_(_^_)_

不適切扱いで非表示になる傾向があるようです。

よくある陰謀論に関することなのですが

PTSD

半分は本当で

世界には

悪魔に魂を売るエリートはいるし

児童虐待や人身売買はある。

目に余る尾ひれの部分の一番おぞましい記述に

ハラルミート

PTSD理論が悪用されているのです。

ハラルミートの考えの反対で

動物に心的外傷を与えないように細心の注意を払う。

児童虐待PTSDで得られる物質が高額で売買されていて

日本の芸能人の自殺が相次ぐのもその関連という

トンでもない妄想です。

日ごろから自殺とPTSDの関係について

語り合っておくことは

こういう意味でも大事なことですね。

『鬼滅の刃』『累ヶ淵』のPTSD性疑似家族とトラウマ記憶の修正

『鬼滅の刃』に出てくる鬼たちは恐ろしいですが

主人公が川の近くに落下したとき出会った

崖の上のポニョ 【DVD】 ウォルト・ディズニー・ジャパン The Walt ...

物語の基本哲学の1つ【崖上】

人気の「from_the_edge」動画 21本 - ニコニコ動画

「累」という鬼は断トツで

古典の『累が淵』を連想させます。

真景累ヶ淵 hashtag on Twitter

DVやいじめの被害者のような大人や子どもが

逃げてくると匿い

DVシェルターの問題と似てるかも

通りゃんせ - Wikipedia

血の盃を交わし

ここにいる限りは

保護し力を与えられ

怖いものはなくなる

ヤクザな関係

【疑似家族】にしていました。

人のこころを取り戻すと支配できなくなるから

昔の体操選手やサーカスの子どものように過酷な訓練をさせ

できないと虐待する。

鉄球作戦は“失敗”だった!?「あさま山荘事件」奇跡の救出劇の舞台裏

バケモノ屋敷でのままごとは嫌だと

気づいても逃げられない。

走れないくらい病弱で

騙されて受けた治療で鬼になり

PTSD治療あるある💀ですね。

元気になっても

人を喰うようになったので

父親は喜ぶどころか自分を殺そうとし

母親もかばってくれなかったというトラウマがそうさせているので

無意識の防衛機制【補償】

主人公と妹の健全な絆に戸惑ったり

主人公は鬼となった妹を

自分の親のように殺そうとしない。

妹も踏ん張って人を喰わない努力をしている。

過去の記憶がフラッシュバックしたりして

治療の過程で必要な幻覚

苦しみ

鬼として死ぬときやっと

走馬灯のなかで

両親は自分を殺そうとしたのではなく

「丈夫に産んであげられなくてごめんね」

「一緒に死んであげる」と言っていたことを思い出しました。

生きている間にこの気づきが起きるようにするのが

即身成仏

心理療法というものです。

PTSDと診断された伊藤詩織さんとゲシュタルトの崩壊

「世界で最も影響力のある100人」のひとりに選ばれた

伊藤詩織さんですが

選出されたことを巡っての会見のなかで

誤読を繰り返されたことが

話題になっています。

ケアレスミスは誰にでもあることですが

ゲシュタルト

Bonobo-like a Twitter: "漢字も読めないというだけでなく、日本語知ら ...

どんなミスにも意味があることが知られていますから

共時性とか

抑圧による言い間違いとか

時流を読み解く参考にするのは

有意義なことだと考えられます。

お間違いになったのは

「肯定」という言葉で

「有無」同様

陰陽的な言葉として代表的なものの

吉凶混合☯

片割れです。

おそらくは

見慣れた言葉が

ゲシュタルト崩壊を起こすことが

普通は視覚的な

かたち(ゲシュタルト)についてですが

イメージとして

背景にあるのでしょう。

PTSDと診断されて

眠りにくく食べにくく

会見もストレスが大きくなってきたので

PTSDはストレス障害でもある。

弁護士らに任せて欠席するようになりましたが

最後の方では

パニックを抑えるために

呼吸を整えたり

頓服を飲んだりすると語られ

立ち位置がわからなくなったりされていました。

誰に向けて支援を呼び掛けているのか。

今回の会見でも

質問の意味が理解しづらくなり

英語でやりとりしてから

あるいは「日本語」の回避?

イギリスに避難されたそうなので

ゲシュタルト崩壊

日本語でお答えになっています。

混乱によるパニックの「静定」ということが

意識の大部分を占めていることに由来する間違いでしょうか。

ヒステリックブルーの元ギタリストも2度目の逮捕 ~ヒステリーはPTSDでブルー(うつ)じゃない。

ロックバンド

「Hysteric Blue

(ヒステリック・ブルー)」の

元ギタリストの男性が

9月23日

事件の1週間後に自首

埼玉県警朝霞署に

強制わいせつ致傷容疑で逮捕されたそうです。

2004年に

強姦および強制わいせつ(未遂含む)の罪で逮捕され

バンドは解散

本人は

12年の懲役を終えて社会復帰していました。

集合的無意識の病とも言えるので

うつ病ではありません。

ヒステリー(PTSD)です。

似た事件が続きますね。

グループ解散

最新の治療プログラム効果なく

2度目

3月6日のレトロゲーム】今日はFC『伝染るんです。 かわうそハワイへ ...

無意識のうちに真似る病

集団自殺サイトも「自助グループ」型でPTSD否認のまま相互加害者型で逮捕傾向

インターネットで集まった3人が

東京都日野市の男性会社員(47)

静岡市清水区の無職の女性(21)

埼玉県所沢市に住む18歳の専門学生の少女

車中で

練炭自殺をお互いに手助けしようとしたとして

警察に逮捕されました。

PTSDは

流行に敏感なので

ここ数日の人身事故は

ハイジャンプ型ではなく

線路上に立ったり歩いたり横たわったり

自殺サイトも

自殺サイトも

集合的無意識内で

創造された

臨床心理学

1つの流行型ですが

流行りの自助会みたいなスタイルになるわけですね。

被害者から加害者への転身も短期傾向

鬼(ドラキュラ)として生きるために

人を喰った言動をし続ける。

助けているのか

足を引っ張っているのか

わからない構造も映し出す

PTSDの解離行動です。