PTSD」カテゴリーアーカイブ

世界に誇るニッポンのPTSD治療!精神科病院での身体拘束は豪の599倍NZの2000倍

精神科病院での身体拘束については

人口100万人当たりの実施数

認知症は外した。

日本の認知症研究(J-ADNI)は不正とみなされて

(プロパガンダ・ドラマもパロディに)

とん挫し

快適スイスイ水素:アルツハイマー病研究の国家プロジェクトでデータ操作

患者数が不明だから

日本は

オーストラリアの599倍

米国の266倍だということがわかりました。

国際研究チームが

英精神医学誌

「エピデミオロジー・アンド・サイキアトリック・サイエンシズ」に発表

チームの杏林大教授(精神医学)は

「患者が地域で生活できる環境を整えるなど現状を改善すべきだ」と

人生、ここにあり!(字幕版)

実話に基づいた貴重な記録なのに

日本人はパロディとして楽しむだけ?

学校で習う臨床心理学と現場が

乖離しているのともパラレルですよ。

話していている場合でしょうか?

AKB48とロックな『うっせぇわ♪』 が映すPTSD事変

話題のドラマでは

絵に描いたようなよい子だった

ヒロインの兄がマントラを唱えるように何度も浸り

(大人にとって都合の)よい子はこころを病むから

脱皮中

うごくちゃん×ankoROCK special collaboration

ネットいじめで自殺したうごくちゃんのきもちを

スタッフが代弁するのに採用した

この曲でしたが

うごくちゃん

便乗する子どもが増え

PTSD予防中もヒステリー状態になる。

ヒステリーは真似る病

こころの風邪は【うつ病】じゃなくて【PTSD】

知恵熱のようなもので免疫ができれば発症しない。

親御さんたちの間では 不評です。

流行歌は

情緒的な歌謡曲と

そういうことあるよねーという

集合的無意識の学習と共感でPTSD予防

ロック系の音楽の二本立てでしたが

抑圧を外し感情発散

前者は商業ベースで

詐欺などの疑いで元SKE48の山田樹奈容疑者ら4人逮捕 「山本ゆき」の ...

フツーの子集めてオジサン忖度な歌をうたわせるから

自己催眠にかかって逆のこと(詐欺)をするようになった。

後者が【毒抜き】され

藤井流星/正しいロックバンドの作り方

こんなギョーカイまでマニュアルどおりでどうする⁇

充分表現しつくすことも難しくなって

表現しつくせば卒業(死と再生)できるのですが

尾崎豊特別展」 OZAKI20 公式ホームページ

ギョウカイは精彩を欠くようになりました。

久々に

PTSDの琴線にふれる音楽が生まれたということでしょうか。

やはり芸大やTVや展覧会じゃないところで。

伝説のロックバンド・クイーンが映画に 日本版ビジュアルが初解禁 ...

警察のトラウマで「無痛分娩」死亡事故は永遠に不起訴

妊婦(31)が

第2子の無痛分娩中

呼吸が停止し死亡した医療事故について

大阪地検が

クリニックの院長を2度も不起訴にしたのは

いのちを託した医師に対する信頼を根底から覆すという過失を

検察審査会が認め

不起訴不当と議決

再捜査されたが

また不起訴

警察のトラウマではないかという記事が出ました。

麻酔専門の医師がいれば

専従で常時体調を見守り

この事故のように妊婦が苦しいと訴えれば

ただちに人工呼吸する。

命を落とすこともなかったので

明らかに過失だと思われますが

麻酔医を雇用せず院長が兼務し

人工呼吸もできなかった。

このような医療体制は

日本では普通のことであり

無痛分娩の9割以上は

このような体制で行われているので

医療事故が発生していて

重篤な後遺症に悩む人は少なくなく

死亡事故も

10年から16年の間に全国で少なくとも14人

明らかに過失と言える証拠もないというのが

不起訴の理由だそうです。

意見書を書いてきた

金沢大学医学部の准教授は

2004年の大野病院事件がトラウマになっていて

帝王切開で死亡した事件で

必要もないのに医師を警察が逮捕したとして

医療界から激しい非難を浴びて以来

検察が医療事故を

業務上過失致死傷罪で起訴することは事実上なくなった。

最初から“不起訴ありき”の結論で再捜査したのかもしれないと

語っています。

重大事件の陰には

標準治療の問題とか麻薬とトラウマの扱いとか

こころの痛みとしてのトラウマも

転換ヒステリーとしての身体の痛みも

麻薬で取り除いて一件落着を目指すのが標準治療

麻薬が効かなくなると手術で摘出なんていうのは

おなかのロボトミーじゃないかと

腸内洗浄コカクちゃんと腸は第二の脳 | 株式会社タサキ ...

腸は第二の脳 電子書籍版 / 松生恒夫 :B00162129733:ebookjapan - 通販 ...

私は思います。

非人道的!ロボトミー手術!!【カッコーの巣の上で】 | CareerBuzz ...

ぼくの脳を返して~ロボトミー手術に翻弄されたある少年の物語 ...

PTSD案件が隠れているものですね。

心的外傷後ストレス障碍ならず

文化庁は

「碍」の常用漢字追加

「害」の字は

「公害」や「害悪」などに使われ

イメージが悪いので

東京パラリンピックを前に

法律などの「障害」の表記を

「障碍」と改める必要があるとの

一部の国会議員や障害者団体の意見から

検討してきましたが

「害」は社会生活でよく使われ

「碍」に変える必要を認める人がそう多くないことから

17年内閣府調査では2・5%

「自殺」が「自死」になるのと

自死遺族の会等からの希望

どちらが早いか競争です。

害(碍)は
きずつける。そこなう。悪い状態にする。
わざわい。(その)人に直接の原因が無い不幸な事件。
PTSDの意味をよく示す言葉ですね。
そして
後天的な意味がありますから
【発達障害】【人格障害】などは
専門家の目に見えない後天的な外傷で発症する。
PTSDと呼ぶようにすればよいでしょう。
「自殺」なのか「自死」なのかもPTSDの重要な考察テーマですね。
車輪の下 (新潮文庫) | ヘルマン ヘッセ, Hesse, Hermann, 健二, 高橋 ...夢遊病

連日の人身事故

PTSDを発症させるトラウマケア?小学生女児にわいせつ行為の男(31)逮捕

小学生の女児2人にわいせつな行為をした

大阪府茨木市の無職男(31)が

逮捕されました。

わいせつ目的ではなく

「仕事のストレスや何事も上手くいかない怒りで

女性に性的な被害を与えて

「精神的に傷つけたかった」

抵抗されたり通報されたりするリスクが高いので

小学生を狙ったのだそうです。

なかなか認められない心的外傷について

自ら証言したのはよかったですが

小学生にこころのケアはなされるでしょうか。

PTSD予防のことですね。

それが問題です。

タイガー・ウッズ3度目のPTSD発症リスク

タイガー・ウッズさんが

交通事故を起こし

車は数回横転して大破

斧でこじ開けて救出されたそうです。

ご無事でしたが

「意識はしっかりしていたが

出血量はかなり多かった。

足首を負傷しており

脚は左右とも複数のケガが見て取れた。

とりわけ片方の脚の損傷が激しかった」

ロサンゼルス市警によると

「命を落とさなかったのは奇跡」だそうです。

地元の住民によると

「あそこはギアを落として走れば

さほどの急傾斜ではないから

事故を起こすような道ではない」そうですが

警察は

「あの下り坂は事故多発地帯です」と言っていて

解離を起こしやすい人が

呼び寄せられる場所なのかもしれません。

オカルトではなく心理的意味がある。

2009年11月27日に

フロリダ州の自宅近くで

消火栓にぶつかった小さな交通事故のあと

不倫依存症(PTSD)が発覚

2017年5月29日にも

フロリダ州の別の自宅近くで

停止していた車の中で朦朧とした状態で

ウッズ選手の声明

「世間の皆さんには

アルコールは関係ないと知ってもらいたい。

今回の事態は

処方薬による予想外の症状が原因です。

薬の組み合わせが

自分にこれほど強く作用したとは

気づいていなかった」

逮捕され

今回の事故は3度目です。

大会ホストを務めた招待のタイトル・スポンサーの車

腰痛に苦しんでいて

5度の手術を受けても治らない。

治らない腰痛は往々にしてPTSD

腰痛は<怒り>である 普及版 | 長谷川 淳史 |本 | 通販 | Amazon

事故と仕事との関係も示唆されています。

今回も腰痛で大会を縮小しなくてはならなくなった。

向精神薬が解決を複雑にしながら

逮捕されるのも理不尽

事故の程度が

だんだん大変なものとなり

放置して自然治癒するものではない。

ちょっと心配ですね。

【追記】

解離性健忘で事故の記憶がないことがわかりました。

足の負傷も認識していなかったとは

大変な魂の危機です。

歯並び活舌すら遺伝ではない ~PTSD身体症状の作られ方①

PTSDを否認する人たちは

「遺伝だ」と言いたがるものですが

昔は遺伝と言われるのを嫌ったものだが

今は遺伝と言われ安心する人が増えた。

この歯医者さん

       心身症

「歯並び」すら

遺伝でないものが多く

「活舌」が悪いのも

話し方を治すのではなく

吃音PTSD

吃音は後述の心理療法向け

根本的なツボをおさえたトレーニングで治ると

話されてますよ。

「姿勢」を正すだけで心身の調子が相当よくなるように

「癖」「気の持ち方」で

どうしてそうなったのかの分析は

心理療法で可能

PTSD

同じ言葉ばかり話す人

立ったり座ったりを繰り返す人

奇妙な行動にも理由がある。

かなりの症状が起きることがわかります。

つづく…🌈

一橋大ゲイ法科大学院生(25)もPTSD否認相談で自殺

ゲイであることを同級生に暴露(アウティング)された

法律を学ぶ学生に対するPTSD予防教育大事です。

「クライエント」という言葉の精神は

法律相談での人間関係からきていますからね。

一橋大の法科大学院生(当時25歳)が

校舎から飛び降り自殺したことで

両親が

大学側の対応が不十分だったのが原因として

賠償を求めた訴訟のなかで

アウティングをした同級生とは和解

大学については

「安全や教育環境への配慮義務違反は認められない」との判決

自殺した学生は

同級生の対応に大きなショックを受け

アウティング

急性ストレス障害

暴露した同級生と顔を合わせるとパニック発作が起こるようになって

心療内科を受診

心も内科も診ないけど心療内科

不安神経症やうつ、パニックなどの診断を受けて

素人が見てもそう見える症状診断名をつけただけ

薬を処方されたうえで

一橋の優秀な学生でも麻薬を処方されると…

大学のハラスメント相談室で

「同級生を見ると吐き気がしたりパニックになったりする」と訴えたが

クラス替え等表面的な措置をする必要があるかどうか等

表面的なケースワークに徹し

傾聴されなかった。

アウティング

野豚🐷流ですね。

相談員の面談を受けた直後に

自殺していたと判明しました。

アウティング

発達障害なども同じですが

アウティング

違いを認めよう等との表面的な話に終始し

本当に生きやすくすることを考える相談と

程遠いものしかありません。

連日の人身事故の原因も

こんな感じじゃないですか?

アウティング

伊藤詩織さん『blackbox』名誉棄損から致命的な魂の傷つき(PTSD)へ争点移行

伊藤詩織さんが

自らの性暴力被害を訴えていることについて

民事は高裁で審議中

刑事は

山口さんに対する

レイプドラッグ等使用の

殺人未遂

強姦致傷疑惑は不起訴

伊藤さんに対する

名誉棄損と虚偽告訴疑惑は

書類送検中

ツイッターで誹謗中傷したとして

損害賠償請求や謝罪広告請求をされている裁判の1つ

漫画家らに対する裁判も始まりました。

漫画を描いた人と拡散した人

「絵」が問題になっているのですが

「アートはポジティブなパワーをもっていると信じています」

トラウマ

私は自分の被害をあざ笑うようなイラストを見た日の朝のことを

今でも忘れられません

漫画家は伊藤さんのことではないと否定

普遍性(よくある問題)の表現なら

象徴とも関連する重要な問題です。

たましいの傷つき

伊藤さんは「魂を深く傷つけられた」と述べられ

焦点は

名誉の棄損から

魂の傷つきへと移行しています。

魂の傷つき

「その日、ベッドから起き上がることが出来なくなりました」

「私は他人が怖くなりました」

イラストが拡散されていく様子を思い浮かべると

外に出ること、街を歩くことに大変な苦痛を覚えるようになりました。

外に出る時は

帽子をかぶってサングラスをかけ

常に周囲を警戒するようになりました」

自分のためだけではなく

多くの被害者のために提訴したというのも

木村花さんの自殺にショックを受け

木村花さんの自殺前から

訴訟活動を急いでいた   ?

何にショックを受けたか立証するのには

時系列等

客観的証拠が重要

一連の裁判において特徴的な点の1つですね。

「私は、私自身が前に進むために

そして私と同じ被害に苦しんでいる多くの人たちのために

この裁判を始めました」