本日遭遇したJR阪和線の遅延

数分の遅れに遭遇

今日のアナウンスは

「○○駅ホームにて
気分の悪いお客さまが
おられたので

救急隊の手配を
しておりましたため

発車が遅れました。

ただいま●●駅を
7分遅れで…」

というものでした。

うーん
納得できるような
できないような…

数十分後
別にもっと
手のかかることが
あったらしく

教室では
学生さんが6分の一くらい
遅刻
してきました。

主任の先生が
「阪和線の事故で。
すみません…」

いえいえ
先生のせいではないです。

しかし
遅刻した学生さんのなかには
教室の前から
ふてぶてしく入室し
ドアを閉めない学生一名
 ― 私としては
   無意識的な意味を考えてしまいます。
   『もっと人身事故のこと言ってよ!』
   とか…

ずっと私語している1組
 ― 数学なら注意できても
  心理学の場合は様子をみなければ
  PTSDの回避ってことがあります。
  無碍にはできないのです。

対照的に
妙に熱心に聴く
今年の学生
 ― 流れ上、あとで説明しますと
   言ったとき、「今!」という反応が
   あったりします。

よくはわからないけど
若い人たちは
それなりに
みな影響を受け
考え始めているようですねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です