弱くて孤独なこころには見えるアリエッティたち

翔君です。

PTSD研究家翠雨の日記

両親が離婚していて

父親とはあまり会えず
母親は仕事で忙しいです。

 つまり孤独です。

心臓が悪く
病気療養に
来ています。

 つまり病弱なのですが
 

病弱が

個人の自己責任で起こっていることは
あまりなく
 ―子どもは暴飲暴食しませんから
  してるなら既にPTSDです。

集合的無意識にある荷物を    ←誰のせいでもありません
背負わされてのことが
ほとんどです。

とりあえず
お母さんの生育歴に
(お母さんが育った屋敷)    ←家族的無意識の層(ユング)
触れてみます。

そういう時
そういう子に
(象徴的な意味ですが)
床下の小人が
見えます。

いくら心理学の本を読んでも
傲慢な人には
それが見えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です