海老蔵抜きの『外郎売り』と非暴力によるPTSD克服法へのヒント

ういろうと言えば
お菓子ですが
もとは
中国から来た透頂香という薬  ←無意識は中国産
父親を殺された
外郎売りが
敵討ちする
封建時代のお話です。
 ―PTSDの加害者を
 イメージしてみてくださいひらめき電球
 封建的な魔境の構造でしょ? 
妙薬ですと言うだけでは
買ってもらえませんから
いかによい薬か
具体的に説明します。
一粒舐めると
胃、心臓、肺、肝臓が   ←PTSDは臓器も破壊します
健やかになり
口の中もさわやかに
そして食い合わせ・万病にも ←PTSDは万病のもと
速攻があると言います。  ←処方薬は自殺行為
何よりも
舌がまわるようになると ←失語症じゃないから
言うと
家来たちが
実際に見せてくれと言い出し
外郎売りは
早口言葉を言い始めるのです。
 ―PTSD克服中でも
  ここまでのメカニズムを知れば
  ブログに何か書けますし
  自殺したり
  犯罪を犯したりすることは
  回避できます。
「あかさたなはまやらわ   ←麻央さんも練習した?
おこそとのほもよろを
一つへぎへぎに
へぎほしはじかみ…

親も嘉兵衛
子も嘉兵衛
親かへい子かへい
子かへい親かへい
ふる栗の木の古切口…」←トラウマ
身分の低い外郎売だと
思って油断してたら
びっくり叫び
心理戦ですひらめき電球
 ―馬鹿にされたと
 悲しむのではなく
 利用するくらいじゃないと
 PTSDは克服できませんよ。
$PTSD研究家翠雨の日記
これが
【非暴力】による
あだ討ちの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です