『心的外傷と回復』① 貴重な本だがPTSDバイブルではない

トラウマ問題の諸相と
治療への道を
具体的に描いた
本書は〈バイブル〉と
呼ばれています。
PTSD研究家翠雨の日記
トラウマを取り巻く
現状を考えるとき
医療や福祉が
相当なレベルで不完全である以上
罹患者は
自力で克服するしか
ありません。
C.G,ユングは
知的な資質が高いクライエントには
学習も勧めたようですが
平成のPTSD罹患者は
全員が学習者でなければ
ならなくなりました。
しかし
フロイトの精神分析の
【防衛機制】だけでも
読みこなすのは大変な作業であるうえに
PTSDに罹ると
以前は読めたものも
読みにくくなるのが
普通です。
―もし安定して読み進むことができ
本当に理解している人がいたら
それこそPTSD誤診を
疑います―
1つにはそういう意味で
2つめには
フロイトにはまだなかった発想
でありながら
今の時代には必須であること
が書かれ
3つめとして
現代人のこころに響く
表現や言い回しで
カジュアルに書かれている
こういう本は他にないので
この本はPTSD入門書として
貴重だと考えています。
しかしバイブルにしては
いけないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です