広島少年院暴行事件取り調べメモ廃棄はPTSD研究にとって大損失

特別公務員暴行陵虐罪に問われ
無罪を主張している
元首席専門官(49)の
弁護団が

取り調べメモの開示を求めています。

悪事を働いた方も
裁判では必死です。

なんとか
自らの正当性を
主張しようとするものです。

広島地検は
「廃棄済みで存在しない」と回答

弁護団はすかさず
「証拠隠滅や
虚偽公文書作成の疑いがある」として
最高検に調査を申し入れています。

記録は
きっちり保管しなければ
なりません。

少年たちの無念を
はらすことは
治療の一環になります。

それは少年たちだけでなく
たくさんの非行少年という名の
PTSDを癒し
更正させる力をもっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です