『敗北を抱きしめて』とPTSD研究

『敗戦を抱きしめて』の著者は

「歴史観の根底を支えるのは

非エリートの日本人に対する
根源的レヴェルでの
ゆるぎない信頼」と書き

売春婦・闇屋・やくざの声を
丹念に拾っている。

PTSD研究の手法と
これは完全に一致する。

学会の重鎮の言うことだけ
聞いてたら
えらいことになる。
(なっている)

なぜ風俗で働くことになったのか
なぜアンダーグラウンドでうごめくのか
なぜ犯罪を犯すようになったのか

それは
その人たちに聞かねば
何もわからない。

そして少し聞けば
すぐPTSDに行き着く。

   知らぬは学者のみなり…

ベストセラー作品ばかり集めた本屋や
学会会場とは
まったく違った世界観が
ネットには広がっている。

PTSD研究で
敗戦を抱きしめなおさねば
ならないのではないか。

そういうときが来たのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です