朝日新聞『獅子頭』第百四十四話 蒸発ってこんな感じ?   

何か
だまされたような感じで
結婚させられ
祖国の妻と離婚させられ

当初は混乱し
気が狂いそうになったはずですが

日常に追われているうちに

目の前の妻の顔と先妻の顔が
ダブるようになり
先妻の顔を
あまり思い出さなくなりました。

    …

考えてみれば…

解離性遁走で
蒸発したような人は

別の人格が
恋愛するかもしれません。
(犯罪でも犯すんですから
 なんでもアリです)

主人格が気がついたときは
足が抜けられなくなって
しかたなく
そこで生きているのかも
しれません。

二順はお人よしで      ←解離や無我の親戚
こうなったのですが
案外よくある話かもしれません。

日にち薬とか言いますが

日常は魔境ですね。

PTSDの場合は
危険です。

続きが
怖いながらも
楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です